3436, OCI83, , 杉山直隆:社会・経済ジャーナリズムと映像への取り組み, 3436testSTA11553 OpenCityPortal: Basic Facts, 病気を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか?,
Homeまち創り住民登録・税・年金人生局面毎の課題とリスク教育健康・福祉雇用とビジネスインフラ整備暮らし・近隣・社会関係資本のびのび親子
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:
まち創り

Select Other Sections
カテゴリー:STAa00
私たちの街
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
hlt8
Q-1, 病気:
サービス: 「病気」要因保有比率(世代別)施策ID: STA58111FAQID: 3436
ビジョン: 創造的人生戦略目標: 施策: 病気, 障がい, 生活習慣病の予防, 要介護, 睡眠時間, 睡眠リズム, 栄養バランス, 飲酒, 喫煙なし, 歩く,
病気: 要因保有率(世代別)
病気で療養中の人の比率はほとんどの都市で高齢年代で最も高く、7都市の平均で12%、東近江市、臼杵市では20%を上回っている。高齢年代で最も病気の比率が低いのは高浜市で1%となっており、次いで新宿区の4.1%、和光市の10.7%都なっている.高齢者の病気の比率は都市間で大きな差があることが分かる

団塊年代には7都市平均で10.3%だが、足立区では20.2%と最も高くなっている。団塊ジュニア年代には5.4%と低い水準になっている。

若者年代には平均で4.5%と最も低い水準であるが、団塊ジュニア年代とほぼ同じ水準となっている。

参照文献: 日下部元雄(2014)『健康リスクの要因と対策』コミュニティー・科アルテ・レポート15、オープン・シティー研究所. 入力日: 2014-12-21 00:00:00
病気: 要因保有率(年代別)
病気: 要因保有率(年齢別)
このサービスを提供している施設: このサービスを提供している施設:
この施策を評価するご意見を送られる方は、ページ右上でメンバー登録を行ってください。
有益と思う 1.全く有益ではない 2.有益ではない 3.有益である 4.大変有益である
利用したことがある 1.いいえ 4.はい
あなたの満足度 1.非常に不満足です 2.不満足です 3.満足である 4.非常に満足である
>
List of Content:(STA11553) 杉山直隆:社会・経済ジャーナリズムと映像への取り組み
: CCS調査で分かったこと : 基礎知識
. Q1.「病気」要因保有比率(世代別): 病気を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q2.「病気」波及: 病気をした人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか?
Q3.「病気」原因: 「病気」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか?
Q4.「病気」強み要因: 「病気」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q5.「病気」原因 貢献度: 「病気」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q6.「病気」強み要因 貢献度: 「病気」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q7.「病気」サービス効果: 「病気」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
.
: 社会サービス : 利用できる施設・窓口
1. 早期療育指導訓練 ( STA11553, STA58111, 7888)
心身障害があるかもしれない小さい子どもを療育してくれる支援や施設はありますか?
2. 子ども医療費助成制度 ( STA6117, , 8387)
子どもの医療費を軽減して暗る制度はありますか?
3. 保健所・保健福祉センター ( STA6412, , 8401)
保健所や保健福祉センターはどのようなサービスを提供しているのでしょうか?
あなたの街(市町村または都道府県)にあるサービス施設情報を表示するためには、あなたのニックネーム、パスワードとお住いの市町村名を使いログインしてください。

早期療育指導訓練 (7888)
子ども医療費助成制度 (8387)
保健所・保健福祉センター (8401)

: 優良な社会企業 : 自分でできる解決法: