Homeまち創り住民登録・税・年金人生局面毎の課題とリスク教育健康・福祉雇用とビジネスインフラ整備暮らし・近隣・社会関係資本のびのび親子
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
ホーム
セクション:STAa0
まち創り

Select Other Sections
カテゴリー:STAa00
私たちの街
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
hlt6
Q-1, 生活習慣病を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
要旨:
サービス: 「生活習慣病」要因保有比率(世代別)施策ID: STA5824FAQID: 8779
要旨:
生活習慣病については「生活習慣病(高血圧・肥満・糖尿病・高脂血症など)である(あった)」と回答した人を取っています。生活中間病は、糖尿病・心臓疾患、脳梗塞などにつながりやすいため、予防的な観点からはもっとも重要な成人病と言えます。 (contributed by )
生活習慣病: 要因保有率(世代別)
7都市へ息んでみると、高齢世代では20%が生活習慣病があると回答しており、最も高い比率となっている。都市別に見ると臼杵市が34%で最も高く東近江市が30%でこれに継いでいる

団塊世代では、7都市平均で14.8%都なっているが、足立区では24%と最も高く、東近江市が23%でこれに継いでいる。

団塊ジュニア世代から背かつ習慣病になる人の比率が高まって庵、7都市平均で6.2%智なっている。若者世代では平均が2.5%都低いが、東近江市では8%都高くなっている。

参照文献: 日下部元雄「健康リスクの要因と対策」コミュニティー・カルテ・レポート12、オープン・シティー研究所 入力日: 2014-12-21 00:00:00
生活習慣病: 要因保有率(年代別)
生活習慣病: 要因保有率(年齢別)
このサービスを提供している施設: このサービスを提供している施設:
この施策を評価するご意見を送られる方は、ページ右上でメンバー登録を行ってください。
有益と思う 1.全く有益ではない 2.有益ではない 3.有益である 4.大変有益である
利用したことがある 1.いいえ 4.はい
あなたの満足度 1.非常に不満足です 2.不満足です 3.満足である 4.非常に満足である
List of Content:(STA5824) 生活習慣病の予防:
: CCS調査で分かったこと
Q1. 生活習慣病を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「生活習慣病」要因保有比率(世代別)):
全体を読む
Q2. 生活習慣病を経験した人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか? (「生活習慣病」波及):
全体を読む
Q3. 「生活習慣病」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか? (「生活習慣病」原因):
全体を読む
Q4. 「生活習慣病」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「生活習慣病」強み要因):
全体を読む
Q5. 「生活習慣病」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「生活習慣病」原因 貢献度):
全体を読む
Q6. 「生活習慣病」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「生活習慣病」強み要因 貢献度):
全体を読む
Q7. 「生活習慣病」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「生活習慣病」サービス効果):
全体を読む
: 基礎知識
Q1. 糖尿病の治療は最近どのように進歩しているのでしょうか? : 糖尿病治療:
全体を読む
Q2. 糖尿病の治療に再生医療が使えるって本当ですか? : 糖尿病:
全体を読む
Q3. 糖尿病を早期に診断するにはどうしたらよいでしょうか? : 糖尿病診断:
全体を読む
Q4. 食後高血糖という隠れ糖尿病をどう見つけたら良いでしょうか? : 血糖の連続測定:
全体を読む
Q5. 高血圧にどのように対処したら良いでしょうか? : 高血圧の診断:
全体を読む
社会サービス
利用できる施設・窓口
あなたの街(市町村または都道府県)にあるサービス施設情報を表示するためには、あなたのニックネーム、パスワードとお住いの市町村名を使いログインしてください。
: 優良な社会企業
Q1.定期巡回・随時対応:(新生メディカル) 高齢者の生活のリズムに合わせたこまめの定期巡回・随時対応サービス :
施設に頼ることなく、要介護になってからも自宅で暮らし続けたいという声は少なくない。そこで新設が期待されるのが24時間対応の定期巡回・随時対応サービスだ。実は今も類似のサービスはある。実態を探ってみた。

24時間対応の定期巡回・随時対応サービスの特徴は、

- 24時間365日、必要な時間帯に定時訪問、
- 短時間ケアの提供、
- 緊急時の呼出しに対応、
などだ。最近、介護保険の仕組みに導入されただが、類似のサービスが岐阜県にある。
全体を読む

Q2.高齢者・障害者の介護・生活支援:(NPO法人 流山ユー・アイ・ネット) 高齢者・障害者を主体とした「ふれあい切符」の利用による「助け合いふれあい活動」 :
『助けあいふれあい活動』とは、地域の「友愛会員」が有償で点数チケット「ふれあい切符」を購入し、生活する上で何か困った際、会員相互に家事援助、介助・介護等のサービスを提供し合う取り組み。会員が皆、サービスの受け手にも担い手にもなれる仕組みとなっている。  ・家事援助:調理・買い物・掃除・洗濯・話し相手など  ・介助・介護:食事・通院・入浴・排泄・散歩・車椅子介助・産前産後の手伝い・車椅子専用車両による通院介助:
全体を読む
Q3.小規模多機能型生活介護:(因島医師会) 因島医師会病院で始まった医療と介護の地域連携 :
因島の最大の特徴は医師会が中心となり、医療と介護を一体化した地域連携を構築したことにある。今構築と言う言葉を使ったが、ここにいたるプロセスが大変ユニークであり、このときのリーダーが、因島で開業医を営む岡崎純二医師であった。因島の開業医たちは、1982年5月、僅か20名のA会員よりなる因島医師会によって、地域医療の充実を最大の目標にした因島医師会病院を設立した。同病院は病院内の施設・設備を全ての医師に開放し、地元の開業医たちは診察や検査のために病院を利用することができるというオープンシステムの病院である。この病院を中心として介護との連携が作られていった。:
全体を読む
Q4.介護老人保健施設、通所リハビリテーション:(おとなの学校 本校) 「介護をしない介護」を目指し、独創的な「高齢者のための学舎」形式で機能訓練・脳リハビリを提供し、在宅復帰率6割台を達成した老人健康施設 :
おとなの学校では、授業形式で機能訓練・脳リハビリなどを提供致します。『もっと楽しく・元気に・いきいきと、高齢者のための学舎で!』をテーマとし、お客様の生活意欲や自立意識を高める事を目標としています。

学校形式を取り入れたことにより、お客様のなかには以下のような変化のある方がいらっしゃいました。
よく笑い、笑顔がでるようになった。
意欲が出て積極的になった。
表情がとても明るくなった。
学ぶことに意欲が出てきた。
よく話をするようになった。
他人へ優しく接するようになった。
大人の学校は、これまで全国13の都市でフランチャイズ方式で展開しています。
全体を読む

Q5.医療介護連携:(柏プロジェクト) 市・医師会・大学・URが一体となって作り上げた介護医療連携システム :
市役所・医師会・URが一体となって、超高齢社会に向けた在宅医療のための人材創り、市民の啓蒙、他業種連携、情報共有システムの構築、UR団地の改修に伴う医療・介護支援拠点の開発などを総合的に取り組んだプロジェクト。このプロジェクトの「人創りシステム」の全国展開も視野に入れている。
全体を読む
Q6.訪問介護、居宅介護(障碍者):(NPO法人、グレースケア機構) 利用者の「困りごと」だけではなく「愉しみごと」まであらゆるニーズにこたえられる訪問介護を実現した、ヘルパーにも工夫と創意次第で豊かな暮らしができる仕組みを創ったユニークな在宅介護ステーション :
訪問介護ステーション、グレースケアは、介護保険では細かく利用できるサービスが規定されている生活介護について利用者の希望や生活上のニーズに応じて、制度と制度外を組み合わせてフレキシブルに対応できるサービスを行っている。

利用者の多様なニーズに応じるため、利用者が、自分と合った性格や知識を持ったヘルパーを選べる「ヘルパー指名制」を導入し、ヘルパーの自己研鑽が認められる仕組みを創り、その結果、ヘルパーの定着率も大幅に向上している。 全体を読む

Q7.在宅医療システム:(祐ホームクリニック) 在宅医療システムを確立した祐ホームクリニック :
東京大学医学部を卒業、宮内庁の侍医でもあった武藤真祐さんは、2010年にこれからの医療システムである在宅医療をシステムとして確立するため、まず東京でついで宮城県石巻市で祐ホームクリニックを開業した。住み慣れた自宅で家族に囲まれて療養生活を送りたいという願いは多くの人が持っているが、それを支える在宅医療システムはまだ十分確立されていない。祐ホームクリニックは、在宅医療がビジネスとしても立派に成り立ち、地域の人々に安心を提供するシステムとなりうることを証明した。
全体を読む
Q8.サービス付き高齢者向け住宅:(シェア金沢) 高齢者・学生・こどもが共生し、近隣の人との交流も図るサービス付き高齢者向け住宅「シェア金沢」 :
石川県金沢市の郊外にある「シェア金沢」は、子どもから大学生、そして高齢者まで、世代や障害のあるなしを超えて、さまざまな人がともに暮らす街として2013年9月にオープンした。そこには高齢者の住まいはもちろん、障害のある子どもたちの入所施設、学生向け住宅などのほか、近隣住民も利用できる天然温泉、レストラン、ギャラリー、共同売店、カフェ&バー、キッチンスタジオ、ボディケアサロン、クリーニング店、ドッグランなどがあり、地域とも連携した多世代複合型の生活が始まっている。石川県を中心に障害児・障害者支援に力を注いできた、社会福祉法人佛子園(ぶっしえん)の新たな試みに注目が集まっている :
全体を読む
Q9.訪問介護(デイ・サービス):(日本介護福祉グループ) 宿泊付きデイ・サービス :
要介護高齢者を日中6〜8時間ほど預かるデイ・サービス。こうした施設でそのまま高齢者が泊れるようにしようという仕組みが宿泊付きデイ・サービスだ。保険除外サービスとして既に多くの事業者が提供している。

日本介護福祉グループ(東京都墨田区)が全国324か所でフランチャイズ形式のデイサービスを実施している「茶話本舗」もその一つ。民家を活用している利点を生かし、和室に布団を敷いたり、仮説ベッドを使ったりして宿泊を受け入れている。 全体を読む

Q10.認知症対応型共同生活介護:(株式会社 サンフォーレ) 10人未満のお年寄りに『いつくしみ介護』を行い、心の平静を取り戻してもらう認知症改善サービスを行なうユニークなグループホーム :
「グループホーム」では10人未満の規模で家庭的雰囲気の中、心の安定を取り戻してもらう痴呆改善サービスを提供。また、「グループリビング」では入居者をタイプ別に分類するのではなく、「健康な人」も「要介護者」も「その中間位の人」もおよそ1/3ずつ同居して自然な姿で共生し、要介護者も元気になるという成果をあげている。

『いつくしみの介護』とは、家事介護・身体介護(清掃・洗濯等の生活ケアやオムツ・入浴等の身体ケア)の他に、小さな感動や癒しや悩みの共有等の「精神的ケア」に重点を置いたサービス。介護する側とされる側の人間同士のふれあいを軸とした独自の介護マニュアル(ケアの効果データを収集・分析、品質管理の手法を導入)により行われる。 全体を読む

Q11.認知症対応型デイサービス:(藤本クリニック) 若年認知症患者が自分たちでやりたいことを決める「物忘れカフェ」 :
カフェの会話のようにもの忘れを語り合う。それが「もの忘れカフェ」の由来であるが、語り合うこと、丁寧に聞き取ること、その上で取り組まれる自主的で自律的な活動。これらを支えているのは、メモリーエードにより、何のためにこれをやっているのかを理解したうえで一つの活動を行い、やり遂げる。これによりやり終えたときの達成感が全く異なり、認知症の進行に決して小さくない影響を与える。:
全体を読む
Q12.デイサービス:(特定非営利法人 にぎやか ) 「共生型」スタイル富山型デイサービス:デイサービス「にぎやか」 :
福祉のサービスは、何故、高齢者は高齢者、障害者は障害者、子どもは子ども、と分けて行なわれているのだろうか。家庭や地域では、赤ちゃんからお年寄りまで、障害のある人もない人も一緒に暮らしている。

そのように考えて始めた手作りのデイサービスが、周囲の多くの賛同者を生み、全国的な支持を得ることで県を動かし、やがては国の福祉行政をも変えていく。そうした稀有な出来事が起こっていた。その中心的な存在を惣万佳代子さんといい、強力なパートナーを西村和美さんという。発信地は富山市。彼女たちが始めたデイケアハウスの名は「このゆびとーまれ」。その共生型のスタイルの取り組みは13年を経て「富山型デイサービス」と呼ばれるようになり、ますます全国の注目を集めている。: 全体を読む

Q13.小規模多機能型居宅介護:(ほっとポケット) 自宅マンションの1室で始めたミニデイサービス「ほっとポケット」 :
ミニデイサービス「ほっとポケット」は2004年に特別養護老人ホームで働いていた同僚と二人で立ち上げた。当初のスタッフは3人。場所は自宅のマンションの一室。風呂、トイレなどを使い易いように改めた。町の開業医と連携し、小規模のメリットを生かして「スケジュールにこだわらない」臨機応変のサービスで地域連携の重要な輪になっている。
全体を読む
Q14.空き家開発、デイケア、:(タガヤセ大蔵プロジェクト) 借り手が減ってしまった古い木造賃貸アパートを新しい価値に再生して、地域のヒト・モノ・コトをたがやすタガヤセ大蔵プロジェクト :
タガヤセ大蔵プロジェクトは、空室が多くなった木賃アパートの一棟を改装し、1階にデイサービスと地域の人が寄り合うサロンを創り、地域の畑を使った農園や認知症カフェなども併設し、高齢者が、生まれ育ったまちで、いつまでも暮らせる互助の仕組みつくりを目指したプロジェクトです。
全体を読む
: 自分でできる解決法:

OpenCityPortal: Section Homepage, 私たちの街
-「創造人生」-
1. 子供の頃
ほめるしつけ, (EDU13)
しかるしつけ, (EDU14)
父接触少, (EDU15)
母接触少, (EDU16)
仲間遊び苦手, (EDU6)
一人親に養育, (FML8)
少年期貧困, (FML10)
父と同居, (CHL18)
母と同居, (CHL19)
祖父と同居, (CHL13)
祖母と同居, (CHL14)
兄弟姉妹と同居, (CHL15)
愛着, (EDU20)
-「創造人生」-
2. 学齢期
親教育熱心, (EDU1)
近隣に見習う, (EDU2)
良い教師, (EDU3)
授業理解困難, (EDU17)
塾通えず, (EDU18)
不登校, (EDU7)
いじめられた, (EDU9)
いじめた, (EDU19)
いじめ仲裁, (EDU12)
勤勉・努力, (MEN13)
成功体験, (MEN3)
自信・信念, (MEN1)
-「創造人生」-
3. 青年期
高校中退, (EDU8)
若年無業者, (EMP6)
専門資格, (EMP2)
大学卒, (EDU4)
目標・計画性, (MEN2)
-「創造人生」-
4. 仕事
初職正規雇用, (EMP14)
初職非正規雇用, (EMP7)
正規雇用に昇格, (EMP11)
非正規雇用に転職, (EMP12)
失業, (EMP8)
非正規雇用, (EMP16)
正規雇用, (EMP17)
職場いじめ, (EMP15)
仕事・生活バランス, (HLT4)
創造性, (EMP18)
協調性, (EMP19)
リーダーシップ, (EMP20)
-「創造人生」-
5. 暮らし
貧困, (EMP9)
返済困難, (EMP13)
社宅退去, (HOU6)
支払い困難, (HOU7)
住居喪失, (HOU9)
老後困難, (HOU11)
持ち家, (HOU12)
公的年金に加入, (LOC5)
健康保険加入, (LOC11)
-「創造人生」-
6. 健康
健康管理, (HLT1)
疲労, (HLT7)
病気, (HLT8)
障がい, (HLT9)
生活習慣病, (HLT6)
要介護, (HLT10)
睡眠時間, (HLT11)
睡眠リズム, (HLT12)
栄養バランス, (HLT13)
飲酒, (HLT14)
喫煙なし, (HLT15)
歩く, (HLT16)
-「創造人生」-
7. 性格・気分
不安定・欝, (MEN6)
不安・睡眠障害, (MEN7)
引きこもりがち, (MEN9)
人生無意味, (MEN10)
周囲に怒り, (MEN11)
カウンセリング, (MEN4)
仲間・居場所・役割, (MEN4)
-「創造人生」-
8. 家族
結婚, (FML12)
虐待, (FML9)
一人親子育て, (FML6)
働きながら介護, (FML7)
介護に専念, (FML14)
離死別, (FML13)
思いやり, (MEN12)
家族の支援, (FML1)
-「創造人生」-
9. 子育て
第1子出生, (CHL16)
第2子以降出生, (CHL17)
学資を貯蓄, (CHL3)
子育て不安, (CHL11)
子ども仲間遊び苦手, (CHL6)
子ども授業理解困難, (CHL12)
子ども不登校, (CHL8)
子ども雇用不安定, (CHL10)
保育所不足, (CHL7)
-「創造人生」-
10. 友人・近隣関係
友人ネット, (EMP3)
親類・隣人等の支援, (LOC1)
居場所なし, (MEN8)
近隣援け合い, (LOC2)
ボランティア, (LOC3)
転入前, (LOC14)
転入後5年間, (LOC15)
信頼, (LOC4)
-創造自治体-
11. 近隣環境
両親と近い, (NEI1)
親戚が多い, (NEI2)
友人が多い, (NEI3)
まつり等の郷土文化, (NEI4)
自宅・近隣に仕事場, (NEI5)
働き口あり, (NEI6)
保育所あり, (NEI7)
私に合った学校あり, (NEI8)
医療サービスあり, (NEI9)
日常品サービスあり, (NEI10)
アメニティーあり, (NEI11)
公共交通あり, (NEI12)
公共サービスあり, (NEI13)
文化施設あり, (NEI14)
緑地・公園あり, (NEI15)
-創造自治体-
12. サービス利用度
親子学級、親子サロン, (SVC1)
地域子育て支援センター, (SVC2)
ファミリー・サポート・センター、家庭的保育, (SVC3)
保育園, (SVC4)
幼稚園, (SVC5)
学童保育・児童館, (SVC6)
児童家庭支援センター, (SVC7)
発達支援センター, (SVC8)
児童相談所, (SVC9)
ハローワーク(職業安定所), (SVC10)
若者サポート・ステーション, (SVC11)
障がい者相談支援センター, (SVC12)
障がい者就労支援センター, (SVC13)
地域包括支援センター, (SVC14)
シルバー人材センター, (SVC15)
介護予防プログラム, (SVC16)
福祉事務所, (SVC17)
保健所, (SVC18)
-創造自治体-
13. 高齢者サービス必要度
食事の配達サービス, (ELD1)
掃除・ゴミ出し, (ELD2)
送迎サービス, (ELD3)
語り合い場所, (ELD4)
見守りサービス, (ELD5)
家の修繕や管理サービス, (ELD6)
権利擁護サービス, (ELD7)
リクリエーションサービス, (ELD8)
-創造自治体-
14. 子育てサービス必要度
日本版ネウボラ, (KID1)
保育サービス, (KID2)
一時保育, (KID3)
病児保育, (KID4)
延長保育, (KID5)
発達支援, (KID6)
いじめ予防, (KID7)
フリースクール, (KID8)
学童保育, (KID9)
延長学童保育, (KID10)
学習支援, (KID11)
多様な進路指導, (KID12)
-創造企業-
15. ストレス度
勤務時間適正, (STR1)
超過勤務の上限, (STR2)
付き合い超勤なし, (STR3)
超勤手当支払い, (STR4)
年次休暇の取得, (STR5)
産休・育休の取得, (STR6)
労働の難易度, (STR7)
勤務時間の自由度, (STR8)
勤務場所の自由度, (STR9)
-創造企業-
16. 職場環境
公平処遇, (WOR1)
心の健康に配慮, (WOR2)
障碍者雇用熱心, (WOR3)
職場研修熱心, (WOR4)
子育てを支援, (WOR5)
家族介護を支援, (WOR6)
社会貢献, (WOR7)
キャリアパス, (WOR8)
仕事内容の自律性, (WOR9)
作業計画作成への参加度, (WOR10)
仕事の成果の把握可能性, (WOR11)
上司・同僚との情報共有, (WOR12)
-創造企業-
17. あなたの仕事満足度
好きで満足, (INT1)
好きな仕事を探求, (INT2)
評価と安定, (INT3)
不満足, (INT4)
好きだが待遇悪い, (INT5)
将来期待, (INT6)
好きだが自主性なし, (INT7)
好きではない, (INT8)
好きかどうか不明, (INT9)
-創造企業-
18. 創造性成果
企業(部門)収益, (CRE1)
新技術の開発, (CRE2)
新規事業の立ち上げ, (CRE3)
海外進出, (CRE4)
プロセスの改良, (CRE5)
社会貢献 , (CRE6)
職場環境改善 , (CRE7)
法令順守, (CRE8)
-のびのび親子-
19. 社会性発達
目を見つめる, (MCH1)
笑顔を返す, (MCH2)
名前に反応, (MCH3)
指さし要求, (MCH4)
共同注視, (MCH5)
模倣, (MCH6)
ごっこ遊び, (MCH7)
いないいないバー, (MCH8)
見せに来る, (MCH9)
聴覚過敏, (MCH10)
-のびのび親子-
20. 親の養育スタイル
受容型, (CAR1)
子供中心型, (CAR2)
過保護型, (CAR3)
対立型, (CAR4)
指導型, (CAR5)
統制型, (CAR6)
一貫欠如型, (CAR7)
遠慮型, (CAR8)
接触少型, (CAR9)
放任型, (CAR10)
-のびのび親子-
21. 移動運動
首の向き替え, (EJA01)
首すわる, (EJA02)
寝返り, (EJA03)
はいはい, (EJA04)
つたい歩き, (EJA05)
歩く, (EJA06)
走る, (EJA07)
階段上がり(交互), (EJA08)
幅跳び, (EJA09)
スキップ, (EJA10)
-のびのび親子-
22. 手の運動
つかむ, (EJB01)
手をだしものをつかむ, (EJB02)
太鼓をたたく, (EJB03)
おもちゃの車走らせる, (EJB04)
なぐり書きする, (EJB05)
積み木重ね, (EJB06)
鉄棒ぶら下がり, (EJB07)
まねて丸を書く, (EJB08)
はさみで紙を切る, (EJB09)
紙飛行機を創る, (EJB10)
-のびのび親子-
23. 基本的習慣
昼夜逆転, (EJD01)
親:母乳で育てている, (EJC01)
おっぱいを吸う力が弱い, (EJD02)
親:良く抱っこする, (EJC02)
夕方にぐずる, (EJD03)
親:同月齢の子と遊ばせる, (EJC03)
抱っこをしないと大泣き, (EJD04)
親:ガラガラを与える, (EJC04)
低体重, (EJD05)
親:クレヨンなどを与える, (EJC05)
離乳食の開始時期, (EJD06)
親:積み木を与える, (EJC06)
夜泣き, (EJD07)
親:鉄棒など使わせる, (EJC07)
仲間遊び苦手, (EJD08)
親:楽器を与える, (EJC08)
外出先でぐずる, (EJD09)
親:ボール遊びをする, (EJC09)
イヤイヤ期, (EJD10)
親、スポーツなどを習わせる, (EJC10)
-のびのび親子-
24. 育児上困ったこと
昼夜逆転, (EJD01)
親:母乳で育てている, (EJC01)
おっぱいを吸う力が弱い, (EJD02)
親:良く抱っこする, (EJC02)
夕方にぐずる, (EJD03)
親:同月齢の子と遊ばせる, (EJC03)
抱っこをしないと大泣き, (EJD04)
親:ガラガラを与える, (EJC04)
低体重, (EJD05)
親:クレヨンなどを与える, (EJC05)
離乳食の開始時期, (EJD06)
親:積み木を与える, (EJC06)
夜泣き, (EJD07)
親:鉄棒など使わせる, (EJC07)
仲間遊び苦手, (EJD08)
親:楽器を与える, (EJC08)
外出先でぐずる, (EJD09)
親:ボール遊びをする, (EJC09)
イヤイヤ期, (EJD10)
親、スポーツなどを習わせる, (EJC10)
-のびのび親子-
25. 親からの支援
昼夜逆転, (EJD01)
親:母乳で育てている, (EJC01)
おっぱいを吸う力が弱い, (EJD02)
親:良く抱っこする, (EJC02)
夕方にぐずる, (EJD03)
親:同月齢の子と遊ばせる, (EJC03)
抱っこをしないと大泣き, (EJD04)
親:ガラガラを与える, (EJC04)
低体重, (EJD05)
親:クレヨンなどを与える, (EJC05)
離乳食の開始時期, (EJD06)
親:積み木を与える, (EJC06)
夜泣き, (EJD07)
親:鉄棒など使わせる, (EJC07)
仲間遊び苦手, (EJD08)
親:楽器を与える, (EJC08)
外出先でぐずる, (EJD09)
親:ボール遊びをする, (EJC09)
イヤイヤ期, (EJD10)
親、スポーツなどを習わせる, (EJC10)
-のびのび親子-
26. 対人関係
声がする方を向く, (EJF01)
笑いかける, (EJF02)
人見知りする, (EJF03)
親の後追い, (EJF04)
手伝いをする, (EJF05)
友達と手をつなぐ, (EJF06)
電話ごっこをする, (EJF07)
世話を焼きたがる, (EJF08)
ままごとが出来る, (EJF09)
協力して砂場の山つくり, (EJF10)
-創造家族-
27. 言葉の発達
元気に泣く, (EJH01)
親:歌ってあげる, (EJG01)
声を出す, (EJH02)
親:絵本を読む, (EJG02)
人に向かい声を出す, (EJH03)
親:イナイイナイバー, (EJG03)
盛んにおしゃべり, (EJH04)
親:赤ちゃんの話しかけに応える, (EJG04)
二語文をいう, (EJH05)
親:ダメと言う, (EJG05)
自分の姓名をいう, (EJH06)
親:公園散歩, (EJG06)
「バイバイ」などに反応, (EJH07)
親:ほめる, (EJG07)
耳などを指し示す, (EJH08)
親:やり取り遊び, (EJG08)
赤などの色がわかる, (EJH09)
親:手伝いを頼む, (EJG09)
5までの数がわかる, (EJH10)
親:スマホに没頭, (EJG10)
-創造家族-
28. 親子の対話
元気に泣く, (EJH01)
親:歌ってあげる, (EJG01)
声を出す, (EJH02)
親:絵本を読む, (EJG02)
人に向かい声を出す, (EJH03)
親:イナイイナイバー, (EJG03)
盛んにおしゃべり, (EJH04)
親:赤ちゃんの話しかけに応える, (EJG04)
二語文をいう, (EJH05)
親:ダメと言う, (EJG05)
自分の姓名をいう, (EJH06)
親:公園散歩, (EJG06)
「バイバイ」などに反応, (EJH07)
親:ほめる, (EJG07)
耳などを指し示す, (EJH08)
親:やり取り遊び, (EJG08)
赤などの色がわかる, (EJH09)
親:手伝いを頼む, (EJG09)
5までの数がわかる, (EJH10)
親:スマホに没頭, (EJG10)
-創造家族-
29. 私が子どもの頃、一番好きだったこと
知的好奇心, (LIK1)
思いやり, (LIK2)
協調性, (LIK3)
論理性, (LIK4)
進取性, (LIK5)
こだわり, (LIK6)
創造性, (LIK7)
表現性, (LIK8)
ゲーム性, (LIK9)
勉強, (LIK10)
-創造家族-
30. こどもが一番好きだったこと
知的好奇心, (LIK11)
思いやり, (LIK12)
協調性, (LIK13)
論理性, (LIK14)
進取性, (LIK15)
こだわり, (LIK16)
創造性, (LIK17)
表現性, (LIK18)
ゲーム性, (LIK19)
勉強, (LIK20)
-創造家族-
31. 私が青少年期の頃の成功体験
課題研究, (SUC1)
人助け, (SUC2)
リーダーシップ, (SUC3)
信念を貫く, (SUC4)
アイディア追求, (SUC5)
ものつくり体験, (SUC6)
創作体験, (SUC7)
自己記録達成, (SUC8)
ゲームを制作, (SUC9)
予習・復習, (SUC10)
-創造家族-
32. 子どもが青少年期に成功した体験
課題研究, (SUC11)
人助け, (SUC12)
リーダーシップ, (SUC13)
信念を貫く, (SUC14)
アイディア追求, (SUC15)
ものつくり体験, (SUC16)
創作体験, (SUC17)
自己記録達成, (SUC18)
ゲームを制作, (SUC19)
予習・復習, (SUC20)