3100, OCI83, , 杉山直隆:社会・経済ジャーナリズムと映像への取り組み, 3100testSTA11517 OpenCityPortal: Basic Facts, どのような幼児期の要因がいじめに遭うリスクを高めるのでしょうか?,
Homeまち創り住民登録・税・年金人生局面毎の課題とリスク教育健康・福祉雇用とビジネスインフラ整備暮らし・近隣・社会関係資本のびのび親子
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:
まち創り

Select Other Sections
カテゴリー:STAa00
私たちの街
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
Q3, どのような幼児期の要因がいじめに遭うリスクを高めるのでしょうか?
サービス: いじめの防止施策ID: STA6213FAQID: 3100
ビジョン: 創造的人生戦略目標: 学齢期のリスクと対応 施策: 親教育熱心, 近隣に見習う, 教育における教員の役割, 良い教師, 授業理解困難, 塾通えず, 不登校, いじめられた, いじめた, いじめ仲裁, 職業教育における教育成果の向上, 大学教育における教育成果,
推計のタイプを選択してください(推奨:総合効果)
総合効果: 他の変数の付随的変化に伴う副次効果も含む,, 単独効果:他の変数を一定と置き副次的効果を除いた効果
総合効果 単独効果
"いじめられた"のリスクを拡大する要因
緑のセルはリスクが削減されることを示し、赤、ピンクのセルはリスクが増えることを示す
いじめられた川崎市 瀬戸内市 高浜市 和光市 足立区 各務原市 臼杵市 東近江市 新宿区
要因保有率5.9%5.4%4.7%6.5%14.2%9.1%9%7%8.7%
リスク要因要因保有率(%) リスク拡大率 要因保有率(%) リスク拡大率 要因保有率(%) リスク拡大率 要因保有率(%) リスク拡大率 要因保有率(%) リスク拡大率 要因保有率(%) リスク拡大率 要因保有率(%) リスク拡大率 要因保有率(%) リスク拡大率 要因保有率(%) リスク拡大率
しかるしつけ EDU1422.9 2.31 **** 20 2.09 **** 25.6 2.19 **** 25.2 3.1**** 33.2 2.4**** 26.7 3.18**** 29.8 1.73**** 0 - 0 -
父接触少 EDU1521.8 1.85 **** 26.7 1.38 ** 32.6 1.46 *** 29.9 2.16**** 31.4 1.11 29.2 1.07 30.1 1.29** 0 - 0 -
母接触少 EDU1611.3 1.93 **** 12.4 1.87 **** 17.4 1.3 * 14 1.74** 17.8 1.03 15.7 1.63*** 15.2 1.41*** 0 - 0 -
仲間遊び苦手 EDU67.9 4.73 **** 6.2 6.01 **** 9.1 3.38 **** 8.4 5.26**** 11.7 3.41**** 12.3 4.48**** 7.5 5.06**** 8 6.82**** 3.1 2.81****
少年期貧困 FML1013.9 1.16 12.4 1.65 *** 16.7 1.61 *** 12.9 2.3**** 17.7 1.67**** 16 2.7**** 15 1.6**** 8.6 1.99**** 2 1.26
授業理解困難 EDU1713.6 2.46 **** 10.3 1.58 *** 12.2 1.39 * 12.5 1.91*** 24.6 1.28** 20.8 0.88 20 1.36*** 0 - 0 -
塾通えず EDU186.7 1.37 3.4 1.42 6.1 1.03 5.4 1.81* 12.5 1.83**** 10.2 1.65*** 7.5 1.7*** 0 - 0 -
不登校 EDU73.4 1.61 * 1.5 0.68 1.9 1.42 2.7 2.16** 9.8 1.91**** 6.7 1.44* 6 1.23 3.7 2.18**** 3.7 1.38
いじめられた EDU95.9 - 5.4 - 4.7 - 6.5 - 14.2 - 9.1 - 9 - 7 - 8.7 -
いじめた EDU194.4 2.98 **** 4.1 1.48 * 2.9 0.73 5.6 1.25 10.5 2.15**** 7.6 1.78*** 7.5 1.81**** 0 - 0 -
高校中退 EDU83.5 0.23 * 1.5 1.51 2.4 0.17 * 5.7 0.49 10.3 0.38**** 9.1 0.26**** 5.1 0.52* 4.3 0.24**** 26.7 0.39***
虐待 FML91.4 2.22 *** 0.9 2.85 *** 1.5 3.67 **** 4.5 4.74**** 9.1 3.6**** 8 5.37**** 4.7 7.21**** 6.7 2.54**** 0.6 0.52
病気 HLT83.3 0.65 2.5 3.86 **** 2.7 2.12 ** 12.9 3.45**** 15.8 1.81**** 13.9 2.28**** 12.6 3.13**** 12.5 2.04**** 0.1 1.06
障がい HLT91.8 3.82 *** 1 4.36 ** 1.3 4.1 *** 4.6 4.68**** 10.7 2.36**** 10.5 4.92**** 6.4 5.09**** 8.4 2.24**** 0.1 -
不安定・欝 MEN611.6 1.38 10.5 2.45 **** 10.2 1.59 *** 23.8 2.21**** 32.8 1.53**** 25.7 2.6**** 27.5 2.5**** 20.5 1.53**** 7.8 1.07
不安・睡眠障害 MEN79.9 2.12 **** 9.4 2.43 **** 8.5 1.61 ** 21.7 2.99**** 30.5 1.65**** 23.7 2.89**** 21.6 2.6**** 8.7 2.32**** 1.3 2.52*
居場所なし MEN85.5 2.53 *** 2.6 4.27 **** 1.7 1.55 6.9 5.88**** 15.9 2.11**** 12.5 2.84**** 8 3.79**** 5.9 2.7**** 1.2 1.17
引きこもりがち MEN93.4 1.78 * 1.9 3.33 **** 1.5 0.62 7.6 4.74**** 16.2 1.99**** 10 3.23**** 7.2 3.72**** 6.3 2.42**** 1.1 1.43
人生無意味 MEN104.5 1.63 2.4 2.12 ** 2.4 0.83 8.9 4.47**** 17.3 1.98**** 11 2.85**** 9.4 3.21**** 6.3 2.61**** 1 -
総合効果: 他の変数の付随的変化に伴う副次効果も含む, 単独効果:他の変数を一定と置き副次的効果を除いた効果
要旨:
研究チームは新宿区、東近江市のご協力を得て、幼児期の要因が「いじめ」などの学齢期の問題にどのような影響を与えているかを調査しました(2011-12年新宿区;2013年1月東近江市コミュニティー・カルテ調査)。その結果、「親との接触が少なかった」子どもや「一人親に育てられた」子どもは、学齢期に「いじめ」に遭うリスクが一般のこの2倍程度に高まり、「仲間遊びが苦手」だった子は、一般の子どもの約11倍「いじめ」に遭う易いことが分かりました。 (contributed by )

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
いじめの定義の変化
文部科学省が用いている「いじめ」の定義は、「子どもが一定の人間関係のある者から、心理的・物理的攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」で、「いじめか否かの判断は、いじめられた子どもの立場に立って行うよう徹底させる」としています。

同省の以前の定義では、「繰り返し行なわれる、弱いものに対する、相手を心理的肉体的に害する意図があるもの」とされ、「いじめ」の範囲が狭く解釈される一つの原因になっていましたが、それをより被害者の側から見た定義に変更した点で大きな改善がなされています。「いじめ」は、学齢期に多い問題ですが、「不登校」「高校中退」などの他の問題とも結びつき易く、また、心の健康やNEETなどの問題にも強い影響がある重要な問題です。本調査でも「いじめ」は「いじめられていた」かどうかについて、本人の主観的な判断を聞いており、その意味で現在の文部省の定義に近いものと考えます。

参照文献: 日下部元雄(2013)『コミュニティー・カルテ・システム:新宿ウェルビーイング・レポート』オープン・シティー研究2012−1 入力日: 2013-09-15 00:00:00
もしオッヅ比率を他の都市と比較したいときは右のボタンを押してください:
いじめの発生率の推移
新宿では、いじめの発生率は、高齢世代ではは低かったのが、団塊世代、団塊ジュニア世代と急速に笛、和歌間の世代では若干減少していますが、それでも11.7%と高率となっています。

一方、東近江では、「いじめ」に遭った人の比率は団塊の世代には大きく減った後、世代と共に増えており、若者世代には7.5%まで増加しています。図では学齢期(6歳から17歳)に限った「いじめ」の比率を採りましたが、

年齢別のいじめ発生率:東近江では成人、老年層も高い
上図を見ると東近江では学齢期にいじめの比率はピークになりますが、その後若年期に一旦下がった後、壮年期・中年期・老年期と時期を追う毎にいじめが増加している様子が見て取れます。

新宿では、「いじめ」の被害は圧倒的に学齢期から青年期に集中しています。このため以下の分析では、学齢期だけではなく全年齢層での「いじめ」を対象にしています。

このサービスを提供している施設: このサービスを提供している施設:
この施策を評価するご意見を送られる方は、ページ右上でメンバー登録を行ってください。
有益と思う 1.全く有益ではない 2.有益ではない 3.有益である 4.大変有益である
利用したことがある 1.いいえ 4.はい
あなたの満足度 1.非常に不満足です 2.不満足です 3.満足である 4.非常に満足である
test161, >
List of Content:(STA11517) 杉山直隆:社会・経済ジャーナリズムと映像への取り組み
: CCS調査で分かったこと : 基礎知識
. Q1.「いじめられた」の要因保有比率(世代別)): いじめられた人の比率は年代ごとに増えているのでしょうか?
Q2.いじめられたの波及: いじめに遭った子どもは、その後どのようなリスクを抱えることになりますか?
Q3.いじめの防止: どのような幼児期の要因がいじめに遭うリスクを高めるのでしょうか?
Q4.「いじめられた」強み要因: いじめに遭うリスクを防ぐ強み要因にはどのようなものがありますか?
Q5.「いじめられた」波及世代変化: 「いじめられた」の波及は世代によりどのような変化してきたのでしょう?
Q6.「いじめられた」リスク世代変化: 「いじめられた」のリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか?
Q7.「いじめられた」強み要因世代変化: 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか?
Q8.「いじめられた」リスク要因の貢献度: 「いじめられた」に対するリスク要因の貢献度はどのようになっていますか?
Q9.「いじめられた」強み要因の貢献度: 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのようになっていますか?
Q10.「いじめられた」サービス効果: 「いじめられた」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
.
: 社会サービス : 利用できる施設・窓口
1. 教育相談ほほえみダイヤル ( STA1151, STA6173, 7074)
教育相談ほほえみダイヤル とはどのようなサービスですか?
2. 少年サポートセンター・少年センター ( STA6213, , 8380)
子どもの非行やいじめ・犯罪などの被害に遭いショックを受けている少年が相談できるサービスはあるでしょうか?
3. 教育相談センター ( STA6215, STA11561, 8379)
小学校から高校まで修学上の悩みを相談できるサービスはありますか?
4. TOKYO子育て情報サービス  ( STA6222, STA6115, 6589)
子育てに関し、電話やFAXで気軽に相談できるサービスがありますか?
5. 子ども家庭総合センター ( STA6222, STA6115, 6588)
子どもと家庭が抱えるあらゆる問題を総合的に相談できる窓口がありますか?
6. 子どもの人権110番 ( STA6414, , 8386)
いじめや虐待に遭ったりした時に電話で相談できる番号はありますか?
7. 人権擁護委員 ( STA6414, , 8395)
人権に関する相談や支援を行っている組織はありますか?
あなたの街(市町村または都道府県)にあるサービス施設情報を表示するためには、あなたのニックネーム、パスワードとお住いの市町村名を使いログインしてください。

教育相談ほほえみダイヤル (7074)
少年サポートセンター・少年センター (8380)
教育相談センター (8379)
TOKYO子育て情報サービス  (6589)
子ども家庭総合センター (6588)
子どもの人権110番 (8386)
人権擁護委員 (8395)

: 優良な社会企業 : 自分でできる解決法:

OpenCityPortal: Section Homepage, 杉山直隆:社会・経済ジャーナリズムと映像への取り組み
-創造人生-
1. 子供の頃
ほめるしつけ
しかるしつけ
父接触少
母接触少
仲間遊び苦手
一人親に養育
少年期貧困
父と同居
母と同居
祖父と同居
祖母と同居
兄弟姉妹と同居
愛着
-創造人生-
2. 学齢期
親教育熱心
近隣に見習う
良い教師
授業理解困難
塾通えず
不登校
いじめられた
いじめた
いじめ仲裁
勤勉・努力
成功体験
自信・信念
-創造人生-
3. 青年期
高校中退
若年無業者
専門資格
大学卒
目標・計画性
-創造人生-
4. 仕事
初職正規雇用
初職非正規雇用
正規雇用に昇格
非正規雇用に転職
失業
非正規雇用
正規雇用
職場いじめ
仕事・生活バランス
創造性
協調性
リーダーシップ
-創造人生-
5. 暮らし
貧困
返済困難
社宅退去
支払い困難
住居喪失
老後困難
持ち家
公的年金に加入
健康保険加入
-創造人生-
6. 健康
健康管理
疲労
病気
障がい
生活習慣病
要介護
睡眠時間
睡眠リズム
栄養バランス
飲酒
喫煙なし
歩く
-創造人生-
7. 性格・気分
不安定・欝
不安・睡眠障害
引きこもりがち
人生無意味
周囲に怒り
カウンセリング
仲間・居場所・役割
-創造人生-
8. 家族
結婚
第1子出生
第2子以降出生
虐待
一人親子育て
働きながら介護
介護に専念
離死別
思いやり
家族の支援
-創造人生-
9. 子育て
学資を貯蓄
子育て不安
子ども仲間遊び苦手
子ども授業理解困難
子ども不登校
子ども雇用不安定
保育所不足
-創造人生-
10. 友人・近隣関係
友人ネット
親類・隣人等の支援
居場所なし
近隣援け合い
ボランティア
転入前
転入後5年間
信頼
-創造自治体-
11. 近隣環境
両親と近い
親戚が多い
友人が多い
まつり等の郷土文化
自宅・近隣に仕事場
働き口あり
保育所あり
私に合った学校あり
医療サービスあり
日常品サービスあり
アメニティーあり
公共交通あり
公共サービスあり
文化施設あり
緑地・公園あり
-創造自治体-
12. サービス利用度
親子学級、親子サロン
地域子育て支援センター
ファミリー・サポート・センター、家庭的保育
保育園
幼稚園
学童保育・児童館
児童家庭支援センター
発達支援センター
児童相談所
ハローワーク(職業安定所)
若者サポート・ステーション
障がい者相談支援センター
障がい者就労支援センター
地域包括支援センター
シルバー人材センター
介護予防プログラム
福祉事務所
保健所
-創造自治体-
13. 高齢者サービス必要度
食事の配達サービス
掃除・ゴミ出し
送迎サービス
語り合い場所
見守りサービス
家の修繕や管理サービス
権利擁護サービス
リクリエーションサービス
-創造自治体-
14. 子育てサービス必要度
日本版ネウボラ
保育サービス
一時保育
病児保育
延長保育
発達支援
いじめ予防
フリースクール
学童保育
延長学童保育
学習支援
多様な進路指導
-創造企業-
15. ストレス度
勤務時間適正
超過勤務の上限
付き合い超勤なし
超勤手当支払い
年次休暇の取得
産休・育休の取得
労働の難易度
勤務時間の自由度
勤務場所の自由度
-創造企業-
16. 職場環境
公平処遇
心の健康に配慮
障碍者雇用熱心
職場研修熱心
子育てを支援
家族介護を支援
社会貢献
キャリアパス
仕事内容の自律性
作業計画作成への参加度
仕事の成果の把握可能性
上司・同僚との情報共有
-創造企業-
17. あなたの仕事満足度
好きで満足
好きな仕事を探求
評価と安定
不満足
好きだが待遇悪い
将来期待
好きだが自主性なし
好きではない
好きかどうか不明
-創造企業-
18. 創造性成果
企業(部門)収益
新技術の開発
新規事業の立ち上げ
海外進出
プロセスの改良
社会貢献
職場環境改善
法令順守
-のびのび親子-
19. 社会性発達
目を見つめる
笑顔を返す
名前に反応
指さし要求
共同注視
模倣
ごっこ遊び
いないいないバー
見せに来る
聴覚過敏
-のびのび親子-
20. 親の養育スタイル
受容型
子供中心型
過保護型
対立型
指導型
統制型
一貫欠如型
遠慮型
接触少型
放任型
-のびのび親子-
21. 移動運動
首の向き替え
頭挙げ
うつぶせ寝
頭保持
首すわる
同月齢の子と遊ばせる
横向き寝返り
寝返り
ずりばい
からだ回し
はいはい
ひとり座り
つかまり立ち
つかまり立ちあがり
つたい歩き
立ち上がる
歩く
靴はいて歩く
走る
階段あがり(一段毎)
ボールけり
両足とび
階段上がり(交互)
立ち回り
片足立ち
でんぐり返し
幅跳び
片足とび
ブランコこぎ
スキップ
-のびのび親子-
22. 手の運動
つかむ
しゃぶる
ものを取る
おもちゃをつかむ
ガラガラを与える
ガラガラを握る
手をだしものをつかむ
おもちゃ持ち替え
指でつかむ
太鼓をたたく
ビンのふた開け閉め
おもちゃの車走らせる
指先を使う遊び
なぐり書きする
コップから取り出し
積み木を与える
積み木重ね
コップからコップへ水うつし
鉛筆で丸を書く
積み木横並べ
鉄棒など使わせる
鉄棒ぶら下がり
まねて直線を描く
まねて丸を書く
工作をさせる
はさみで紙を切る
ボタンをはめる
十字を書く
紙を直線に切る
ボール遊びをする
弾むボールをつかむ
紙飛行機を創る
-のびのび親子-
23. 基本的習慣
昼夜逆転
親:母乳で育てている
おっぱいを吸う力が弱い
乳を欲しがる
夕方にぐずる
満腹時に顔そむける
良く抱っこする
抱っこしないと大泣き
顔に布を掛けると不快
低体重
さじから飲める
おもちゃを見ると活発化
離乳食の開始時期
ビスケットなど自分で食べる
コップから飲む
顔を拭くといやがる
夜泣き
コップ両手で口へ
泣かずに要求示す
コップを自分で持って飲む
仲間遊び苦手
匙でたべる
外出先でぐずる
お菓子の包み紙を取って食べる
口もと拭き
パンツはき足広げ
ストローで飲む
排尿を予告
パンツ一人で脱ぐ
ひとりで食べる
靴を一人ではく
上着を脱ぐ
顔を洗う
鼻をかむ
身体を洗う
信号を見てわたる
着衣が出来る
-のびのび親子-
24. 対人関係
抱き上げると泣き止む
人の顔をじっと見る
声がする方を向く
歌ってあげる
声を出して笑う
絵本を読む
笑いかける
イナイイナイバー
鏡の顔に反応
親:赤ちゃんの話しかけに応える
顔の表情が分かる
話しかけ
鏡に笑いかける
ダメと言う
おもちゃを取られると不快
親:公園散歩
身振りをまねる
親:ほめる
人見知りする
親:やり取り遊び
親の後追い
ほめられると動作反復
手伝いを頼む
手伝いをする
イヤイヤ期
助けを求める
友達と手をつなぐ
第1次反抗期
親から離れて遊ぶ
電話ごっこをする
言いつけに来る
世話を焼きたがる
長時間のテレビ
ままごとが出来る
許可を求める
順番にものを使う
友達の家に遊びに行く
じゃんけんできめる
協力して砂場の山つくり
-のびのび親子-
25. 発語
元気に泣く
いろいろな泣き声を出す
声を出す
声を出して笑う
キャーキャー言う
人に向かい声を出す
おもちゃに向かい声を出す
マ、バ、パなど発声
タ、ダ、チャなど発声
相槌
盛んにおしゃべり
音声をまねる
ことばを1−2語まねる
2語言える
3語言える
1つのものの名前をいう
3つのものの名前をいう
二語文をいう
「きれいね」「おいしいね」
自分の姓名をいう
二数詞の復唱
二語文の復唱
会話できる
文章の復唱
両親の姓名等をいう
四数詞の復唱
複雑な文章の復唱
-のびのび親子-
26. 言語理解
大きな音に反応
人の声でしずまる
母の声を聞き分ける
話し方で感情を聞き分け
「いけません」で手を引っ込める
親:挨拶を教える
「バイバイ」などに反応
要求を少し理解
要求をよく理解
命令を実行
言葉が出ない
親:ものの名前を教える
絵本読みをせがむ
耳などを指し示す
「もうひとつ」などが分かる
鼻などを指し示す
大小がわかる
長短が分かる
親:色を教える
赤などの色がわかる
高低が分かる
数の数え方を教える
3までの数がわかる
5までの数がわかる
左右がわかる
-創造家族-
27. 親が子どもの頃、一番好きだったこと
知的好奇心
思いやり
協調性
論理性
進取性
こだわり
創造性
表現性
ゲーム性
勉強
-創造家族-
28. こどもが一番好きだったこと
知的好奇心
思いやり
協調性
論理性
進取性
こだわり
創造性
表現性
ゲーム性
勉強
-創造家族-
29. 親が青少年期の頃の成功体験
課題研究
人助け
リーダーシップ
信念を貫く
アイディア追求
ものつくり体験
創作体験
自己記録達成
ゲームを制作
予習・復習
-創造家族-
30. 親が青少年期の頃の成功体験
課題研究
人助け
リーダーシップ
信念を貫く
アイディア追求
ものつくり体験
創作体験
自己記録達成
ゲームを制作
予習・復習