創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:STAa0
まち創り

Select Other Sections
カテゴリー:STAa00
私たちの街
Select Other Categories
フォーラム:
優良な社会企業
Activity
ActivityIDP: STA11514,
List of Content:(STA6214) 授業理解困難: 何故、若者世代で急増しているのか?
このような社会起業モデルを応用して私の町で社会企業を立ち上げたい: 多くの都市の若者世代で、授業の理解が困難と感じている子どもが、親の世代が子どもだった時に比べ約2倍にも増えていることがわかりました。比率が大きい都市では、学齢期の子どもの30%を超える子どもが、このような悩みを抱えています。何故、授業に追いつけない子どもが急増しているのか?「創造人生」による7都市の調査の結果、幼少期の3つの親の養育の仕方が最も大きく影響していることが分かりました。
:
Q1. 授業理解困難な児童生徒の割合は、若者世代で急増 (「授業理解困難」の要因保有比率(世代別)):
「授業理解困難」は学齢期リスクの入り口です。ここから「不登校」「いじめ」などの他の学齢期リスクへとつながり、更には心の健康リスクなどに波及をしていきます。

CCSでは「授業理解困難」を「勉強に興味を失い授業に追いつくことが難しかった」という質問により、意欲と学力の両面から捉えています。今、若者世代で何が起こっているのでしょうか? 図表及び全体を読む

Q2. 授業理解困難な子が、その後に抱えやすいリスクはどのようなものがありますか? (授業理解困難の波及):
「授業理解困難」になった子は、「不登校」「いじめられた」などの学齢期のリスクをやや拡大していますが、青年期(思春期)になると「高校中退」「若年無業者」になるリスクを10倍前後という非常に大きな倍率で高めています。これが延いては「貧困」に繋がっていることが明らかになりました。
図表及び全体を読む
Q3. 授業理解困難を生む最大の要因は幼児期の社会性発達の遅れ。 (「授業理解困難」の原因):
「授業理解困難」が急速に増えた原因として、CCS調査の結果で分かったことは、幼児期に「しかるしつけ」を受けたこと、父や母との接触が不十分だったこと、それらとも関係しますが「仲間遊びに苦手」などの社会性の発達の遅れが主要な原因なのです。「少年期の貧困」はこれらの要因と深く結びついていますが、それだけで「授業理解困難」になるのではありません。
図表及び全体を読む
Q4. 授業理解困難のリスクを軽減する強み要因の効果はどの程度ですか? (授業理解困難:強み要因):
「授業理解困難」になるのを防ぐ効果が最も高いのは、何と、親が「学資を貯蓄」していることでした。親が実際に子どもを進学させる資力があるかどうかを、子どもは見ているのです。次に重要なことは幼児期の子どもとの同居、ほめるしつけ、良い教師との出会い、近隣に見習う人がいる、友人ネットなどの友人関係が重要になっていることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q5. 「授業理解困難」の波及の強さは世代によりどのように変化をしていますか? (授業理解困難」波及世代変化):
「大学卒」になる比率は「授業理解困難」だったかどうかには、ほとんど有意な影響を受けていないのですが、就労期に「若年無業者」「貧困」になる比率が団塊ジュニア世代・若者世代共に非常に高くなっていることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q6. 「授業理解困難」の原因は世代によりどのように変化をしていますか? (「授業理解困難」リスク世代変化):
世代毎に見ても「授業理解困難」は、基本的に幼児期の親子関係が主要な要因であることは変わらないが、足立区、川崎市では、幼児期要因のウェイトがやや減り、「不登校」などの学齢期要因や「不安定・うつ」「引きこもりがち」などの心の健康要因が若者世代では有意性が高まっている傾向が見られる。
図表及び全体を読む
Q7. 「授業理解困難」を軽減する強み要因は世代によりどのように変化をしていますか? (「授業理解困難」強み要因世代変化):
「授業理解困難」を軽減する強み要因には、若者世代で新たな傾向が見られる。その一つは、「近隣に見習う」などの近隣社会とのつながりが大きく「授業理解困難」を減らすようになったこと、第2は、全世代で見るとあまり効果が無かった「自信・信念」が若者世代には5都市全てで有意に「授業理解困難」を減らすようになったことである。
図表及び全体を読む
Q8. 「授業理解困難」を拡大する貢献度が大きいリスク要因はどのようなものがありますか? (「授業理解困難」リスク貢献度):
{授業理解困難」を引き起こす要因について、それらの要因を持っている人の割合も加味したリスク拡大への「貢献度」という尺度で見ると、最も大きなリスク拡大へ貢献しているのは、「しかるしつけ」で、第2位は「父接触少」、3位は本人の「不安定・うつ」であることが分かった。
図表及び全体を読む
Q9. 「授業理解困難」のリスク軽減に大きく貢献している強み要因は何ですか? (「授業理解困難」強み要因貢献度):
同じように「授業理解困難」を減らす強み要因の貢献度を調べると、要因保有率が大きい「幼少時、母と同居」が貢献度1位となった。「学資を貯蓄」が僅差で第2位。
図表及び全体を読む
Q10. 自治体等のサービスで「授業理解困難」のリスクを軽減しているものはありますか? (「授業理解困難」サービスの効果):
図表及び全体を読む
: ケース・スタディー
Q1.教育相談ほほえみダイヤル : 教育相談ほほえみダイヤル とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q2.教育相談センター: 小学校から高校まで修学上の悩みを相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q3.学習支援: 授業について行けず、勉学に興味を失った子供や家庭の貧困のため塾などに通えない子に学習の支援をしてくれるプログラムはありますか? :
図表及び全体を読む
利用できる施設・窓口
Q1.教育相談ほほえみダイヤル : 教育相談ほほえみダイヤル とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q2.教育相談センター: 小学校から高校まで修学上の悩みを相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q3.学習支援: 授業について行けず、勉学に興味を失った子供や家庭の貧困のため塾などに通えない子に学習の支援をしてくれるプログラムはありますか? :
図表及び全体を読む
: 優良な社会企業
: 自分でできる解決法:

更に多くの情報 サービスの利用 市政の分析・情報
どのような社会サービスがあるか(2): ネットワーキング 組織・窓口(): サービスの内容・利用資格・申請手続 市民質問ご意見箱(): 基本計画や活動内容
優良な社会企業(): 自治体やNPOのサービスにオンラインで申請や追跡が出来ます コミュニティー・カルテ(): 担当の部署や担当者の連絡先 オンライン申請(): あなたの生活満足度や課題の自己診断td>
利用できる施設・窓口(0): 企画・イベントのご案内、あなたのイベントもご投稿下さい 文書ダウンロード(): 公立・私立・NPO等の市民サービス向けの施設のご案内 リソース・パーソン(): あなたの街の成果指標が見られます
計画と施策(): 社会起業やコミュニティー・ビジネスを起こしませんか? 市民質問ご意見箱(): 質問・ご意見・苦情等をお寄せ下さい 市民からの情報(): 良いサービスを提供している自治体・社会企業の例が見られます
事業計画の作成(): あなたの地域情報を簡単に送れます イベントご案内(): 公的な報告書や文書の閲覧やダウンロードが出来ます 役立つウェッブ情報(): この項目に関連するウェッブ・サイトが見られます

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board