創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:


Select Other Sections
カテゴリー:
左下の表からカテゴリーをお選び下さい
フォーラム:
基礎知識
ほめるしつけ(EDU13)
A. CCS調査で分かったこと
1. 子供のころ「ほめるしつけ」を受けた人の割合はどのように変わってきたのでしょうか? Service1: 「ほめるしつけ、要因保有比率(世代別)
世代毎に見ると「ほめるしつけ」を受けた人は若者世代まで着実に増え続け、高齢世代が子どもだった頃には15%前後だったものが、若者世代には30%から40%前後にまで増えています。それでは、「ほめるしつけ」はどの程度、子どものために有効なのでしょうか?

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
子供のころ「ほめるしつけ」を受けた人の割合は、1990年代前半までは、上昇傾向の都市が多く、特に臼杵市、足立区、川崎市、高浜市では上昇率が高かった。

しかし、1990年代後半から低下傾向の都市が多くなった。高浜市、和光市を除く5都市でかなり急な低下が起こっている。 詳しく知りたい(contributed by )

2. 「ほめるしつけ」を受けた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか? Service2: 「ほめるしつけ」波及
「ほめるしつけ」は、さまざまな強みを伸ばす効果は「しかるしつけ」より僅かに勝っていることが分かりました。特に「大学卒」に関しては、全ての都市で大きな促進効果かがあります。しかし、リスクを防止する効果については、予想に反し、マチマチであることが分かりました。特に、「仲間遊び苦手」「いじめられた」「いじめた」についてはほとんどの都市で「ほめるしつけ」を受けたこの方がリスクを拡大しています。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. ほめるしつけに対応するための社会的サービス