創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:


Select Other Sections
カテゴリー:
左下の表からカテゴリーをお選び下さい
フォーラム:
基礎知識
少年期貧困(FML10)
A. CCS調査で分かったこと
1. 子供の頃、貧困な家庭に育った人は各世代でどのような比率になっているのでしょうか? Service1: 「少年期貧困」:世代別要因保有比率

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「少年期貧困」は、代表的な子どもが抱えるリスクです。わが国の場合は、高度経済成長により、「少年期貧困」の比率は年代毎に急速に減少してきました。しかし、90年代の長期不況の影響で今後「子供の貧困」は増えることが予想されます。

CCS調査を行った6都市の内、新宿区では若者年代の「少年期貧困」の比率が上昇しています。また、他の都市でも、少年期貧困は減少しているにも関わらず、それが「貧困」などの他のリスク要因の拡大に及ぼす影響は若者年代になって大きく拡大している都市もあります。

このように「少年期貧困」は今後注意してみていかなければならないリスク要因なのです。 詳しく知りたい(contributed by )

2. 子供の頃、家庭が貧困だった人は、その後、どのようなリスクに遭いやすいのでしょうか? Service2: 「少年期貧困」波及

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. 少年期貧困に対応するための社会的サービス