創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:STAa0
まち創り

Select Other Sections
カテゴリー:STAa00
私たちの街
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
()
A. CCS調査で分かったこと
1. 「不安定・うつ」の人の比率は各世代でどのようななっていますか? Service1: 「不安定・うつ」要因保有率(世代別)

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
「不安定・うつ」の原因は幼児期、学齢期、他のこころの健康リスクなど多数ありますが、リスク拡大率が大きいリスク要因としては「居場所なし」があります。気の合う仲間と過ごすことがうつの予防に重要なことが分かりました。幼児期のリスクとしては「仲間遊び苦手」が最もリスク拡大率が大きく、次いで「しかるしつけ」「父、母と接触少」が続いています。

学齢期の要因としては、予想通り、「高校中退」「いじめられた」が最もリスク拡大率が高く、「授業理解困難」と「不登校」がほぼ同じくらいのリスク拡大率を示しています。

「貧困」も「不安定うつ」のリスクを拡大していますが拡大率は、2倍前後とそれほど高くありません。雇用関係のリスクは、予想に反して大きくありません。「非正規雇用」は2都市で有意に「不安定・うつ」を増やしていますが、後の6都市では有意とはなっておらず、むしろ、リスクを減らしている都市が多いことが分かりました。 詳しく知りたい(contributed by )

2. 「不安定・うつ」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? Service2: 「不安定・うつ」波及

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
これまでの「創造人生」による9都市の調査結果を見ると「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因は、意外に少ないことが分かりました。「不安定・うつ」は、「いじめられた」など、さまざまな社会的なリスク要因によってひき起こされますが、「家族の支援」や「友人ネット」などの社会的な強み要因によっては、リスクが軽減されないことが示されたのです。「創造人生」で扱っている5つの心の健康リスクのうち、「引きこもりがち」「人生無意味」などは、多数の社会的な強み要因がリスクを軽減することが分かっていますが、「不安定・うつ」「不安・睡眠障害」については、社会的な関係が強まるほどリスクが高まるということが分かりました。 詳しく知りたい(contributed by )
3. 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? Service3: 「不安定・うつ」の原因

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
詳しく知りたい(contributed by )
4. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? Service4: 「不安定・うつ」のリスク軽減要因

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
CCS 詳しく知りたい(contributed by )
5. 「不安定・うつ」の将来への波及の強さは世代とともにどのように変化していますか? Service5: 「不安定・うつ」波及の世代変化

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
強み要因の世代ごとの変化を、上覧の都市名をクリックしてみてみると、川崎市、瀬戸内市、高浜市などのコミュニティーの地縁的な絆が弱く、自立的な傾向の強い都市では、団塊世代までは比較的強かった強み要因の効果が、団塊ジュニア世代から、急速に弱まり、若者世代でもその傾向が続いていることが分かった。

一方、各務原市竕P杵市のような地域コミュニティーの絆が強く残っている都市では、若者世代まで強み要因の効果が残されていることが分かった。足立区はこれらの中間で、団塊ジュニア世代まで強み要因の効果が比較的よく残されていたが、若者世代で効果が薄れてきたことが分かった。 詳しく知りたい(contributed by )

6. 「不安定・うつ」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? Service6: 「不安定・うつ」リスク要因の世代変化
CCS調査の結果、幼児期・学齢期・就労期のリスクの多くが、若者世代で、その母親の世代(団塊ジュニア世代)に比べ大きく高まっていることが分かった。若者のリスク耐性が弱まっているのではないかという意見が多く聞かれる。

本項では、リスクの原因となるストレス(リスク要因)を持つ人の割合が増えたためか?あるいは、ストレスを受けた人の「ストレス耐性」が弱くなったためかを社会疫学的に分析する


Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
詳しく知りたい(contributed by )
7. 「不安定・うつ」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? Service7: 「不安定・うつ」強み要因世代変化

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
詳しく知りたい(contributed by )
8. 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? Service8: 「不安定・うつ」の原因 貢献度

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
詳しく知りたい(contributed by )
9. 「要介護」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? Service9: 「要介護」強み貢献度

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
「不安定・うつ」は若者世代(34歳以下の人)で急速に増えている心の健康リスクです。「創造人生」プログラムでは「不安定・うつ」という指標を設け、うつ病や双極性障害などの念頭に置いて、その兆候を持つ人がどの程度いるかを調べるため、「気分が不安定になり、落ち込むことがよくある」という質問に対し「はい」と答えた人を採っています。「不安定・うつ」は、何事にも喜びを感じられなくなり、気分が落ち込む大変苦しい状態が長期間続き、本人にとっても、家族にとっても本当につらい状況になります。

これまでの9都市の調査では、若者世代(34歳以下のひと)で「不安定・うつ」の比率が大きく上昇しており、調査を行った9都市の内、5都市で30%を超える人がこのような症状を訴えていることが分かりました。 詳しく知りたい(contributed by )

10. 「要介護」のリスクを軽減するサービスの効果はどのくらいでしょうか? Service10: 「要介護」サービス効果

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. に対応するための社会的サービス