HOME「創造人生」のびのび親子創造家族創造世代創造企業創造コモンズ創造公園健康創造
HOME 登録



Imagine Your Unlimited Potential
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方

表題の書は坂篤郎氏
Spanish, English, 日本語
OpenCity Portal
利用対象者: 「うつ」を跳ね返すため、自分の働き方を変え、職場の環境を整えたい方


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London

「不安定・うつ」は、「創造人生」の調査によると、若者世代で急速に増えており、人々が仕事を辞めなくてはならない最大の要因となっています。「うつ」を予防するには、もちろん、ストレスをためない職場環境を作ることが重要ですが、職員一人一人が自分が真にやりたいことが追求でき、自己実現ができる自律的な職場を創ることがより重要なことなのです。{創造企業」はその実現を後押しします。

うつを跳ね返す(創造企業)(アルファー版)を無料で体験したい方
「創造企業」は、「うつ」を跳ね返すため、働き方と職場環境を見直します
「不安定・うつ」は若者世代で大きく増加:
「不安定・うつ」は若者世代(34歳以下の人)で急速に増えている心の健康リスクです。「創造企業」プログラムでは「不安定・うつ」という指標を設け、うつ病や双極性障害などの念頭に置いて、その兆候を持つ人がどの程度いるかを調べるため、「気分が不安定になり、落ち込むことがよくある」という質問に対し「はい」と答えた人を採っています。「不安定・うつ」は、何事にも喜びを感じられなくなり、気分が落ち込む大変苦しい状態が長期間続き、本人にとっても、家族にとっても本当につらい状況になります。

これまでの9都市の調査では、若者世代(34歳以下のひと)で「不安定・うつ」の比率が大きく上昇しており、調査を行った9都市の内、5都市で30%を超える人がこのような症状を訴えていることが分かりました。


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
「不安定・うつ」の人の比率は若者世代で急増
「不安定・うつ」になる要因は何か?:

Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
「不安定・うつ」の原因は幼児期、学齢期、他のこころの健康リスクなど多数ありますが、リスク拡大率が大きいリスク要因としては「居場所なし」があります。気の合う仲間と過ごすことがうつの予防に重要なことが分かりました。幼児期のリスクとしては「仲間遊び苦手」が最もリスク拡大率が大きく、次いで「しかるしつけ」「父、母と接触少」が続いています。

学齢期の要因としては、予想通り、「高校中退」「いじめられた」が最もリスク拡大率が高く、「授業理解困難」と「不登校」がほぼ同じくらいのリスク拡大率を示しています。「貧困」も「不安定うつ」のリスクを拡大していますが拡大率は、2倍前後とそれほど高くありません。

「創造企業」プログラムは、雇用関係のリスクがメンタルヘルスに与える影響を予防することも人湯の大きな目的となっています。これまでの調査結果では、予想に反して雇用形態による「不安定・うつ」への影響は大きくありません。「非正規雇用」は2都市で有意に「不安定・うつ」を増やしていますが、後の6都市では有意とはなっておらず、むしろ、リスクを減らしている都市が多いことが分かりました。今後、「創造企業」プログラムでは、労働時間、休暇取得等、職場環境 について、詳しい指標を導入して、職場環境の影響について分析を行います。

原因の第1は「居場所なし」
「不安定・うつ」のリスクを軽減する強み要因:
これまでの「創造人生」による9都市の調査結果を見ると「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因は、意外に少ないことが分かりました。

「不安定・うつ」は、「いじめられた」など、さまざまな社会的なリスク要因によってひき起こされますが、予想に反して「家族の支援」や「友人ネット」などの社会的関係による強み要因によっては、リスクが軽減されないことが示されたのです。

「創造人生」で扱っている5つの心の健康リスクのうち、「引きこもりがち」「人生無意味」「居場所なし」などは、多数の社会的な強み要因がリスクを軽減することが分かっていますが、「不安定・うつ」「不安・睡眠障害」については、社会的な関係が強まるほどリスクが高まるということが分かりました。このような結果は、通常の社会関係資本の理論では、地縁・血縁などの強い結びつきがあるボンディング・ネットワークの場合には、良く表れることが知られていましたが、比較的弱い「友人ネット」でも同様の結果が表れることは、予期していませんでした。

何故このようなことが起こるのでしょうか?一つの可能性は、このような現象が、若者世代になるほど強くなってきているのではないかという点です。


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
「うつ」を軽減する強み要因は少ない
強み要因の効果は、団塊ジュニア世代以降に急速に失われる:

Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
強み要因の世代ごとの変化を、最上段の都市名をクリックしてみてみると、川崎市、瀬戸内市、高浜市などのコミュニティーの地縁的な絆が弱く、自立的な傾向の強い都市では、団塊世代までは比較的強かった強み要因の効果が、団塊ジュニア世代から、急速に弱まり、若者世代でもその傾向が続いていることが分かった。 一方、各務原市や臼杵市のような地域コミュニティーの絆が強く残っている都市では、若者世代まで強み要因の効果が残されていることが分かった。足立区はこれらの中間で、団塊ジュニア世代まで強み要因の効果が比較的よく残されていたが、若者世代で効果が薄れてきたことが分かった。
若者世代で人間関係が重たくなってきている?:
「不安定・うつ」が若者世代で急増しているのは何故かという疑問についての一つの解釈は、団塊ジュニア世代以降、女性の社会進出や、携帯の普及などにより人間関係がより複雑化し、より重たくなってきていることから、人間関係が、よりストレスを生みやすくなってきているのではないかという点である。しかし、その説明では、都市による強み要因の効き方の違いを説明することは困難である。「創造企業」では、人間関係の変化、職場のストレスレベルや職場環境の変化、職員の内発的動機付けの有無などの要因から、「うつ」のリスクをより正確に捉え、合わせて、予防法についてもアドバイスを行う。
Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London

うつを跳ね返す(創造企業)は、次のような特色があります。以下のページをご参照ください
企業の創造性を引き出すための総合戦略

「創造企業」でカバーする強みとリスク要因

「創造企業」があるとどのような分析が可能になるのですか?

「創造企業」はこれまでの経営戦略プログラムとどこが違うのか?

「創造企業」は企業の創造性の源泉を職員・職場環境・チームワークから分析


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
「創造人生」のシリーズには人生局面に応じた7つのプログラムがあります。あなたの年代や目的に合わせてお選びください
「創造人生」
「創造人生」は自分のリスクと強みを自己診断する基本ソフトです。:
「創造人生」は、あなたがこれまで辿った、他の誰とも違う経験を踏まえ、リスク克服法と次に身に着けると良い「強み」とその効果を7000人の実際の生活史のエビデンスに基づき自己診断プログラムです
のびのび親子
0歳から5歳の赤ちゃんや幼児を育てている母親・父親の方:
「のびのび親子」は、子どもの社会性の発達を促進し、子どもが本来持っている多様な創造的・個性的な人生を支援するプログラムです
創造家族
ポジティブな学校生活を目指す小学生・中学生を持つ親子:
AI時代を生き抜くためには単なる知識の暗記ではなく、想像力・提案力・実行力が求められています。しかし、これまでそのような教育法が体系的に教えられることはありませんでした。「創造家族」は、最新の「内発的動機付け」理論に基づき、子供が家族と一緒に「自分が真にやりたいこと」を見つけ、それに向けた成功体験を積み重ねることにより、小・中学生のころから個性的・創造的で多様な課題解決能力をつけ、AI時代にふさわしい職業生活への夢を育てるためのプログラムです。
創造世代
自分の個性に合った進路を探している15-49歳の方へ:
「創造世代」は、高校生からの青年期の若者が、自分の内発的動機付け(真にやりたいこと)を知り、それに様々な社会性を身に着け、成功体験を積み重ね、自分の能力を最大に活かす職業を見つけるためのプログラムです
創造企業
職場の環境を整えやりがいのあるチームを創りたい方:
企業が最も必要としている職員一人一人のやる気、創造性、提案力を育てるためには、これまでのノルマと報酬による外発的動機付けから、最新の「自己決定理論」に基づく、職員の自律性を高め、多様な働き方を認める企業改革のプログラムです
創造コモンズ
お年寄りの支援、子育て支援、まちづくり・健康作りサービスを相互扶助の仕組みを使って創造することに関心のある個人や団体の方:
「創造コモンズ」は、人々の福祉・子育てニーズ、地域の強みとリスクを知ることにより、住民からの優先度の高いサービスを相互扶助や社会的企業の創出を支援することにより、包摂的社会を創り上げるプログラムです。
創造公園
自分の人生を設計しようとしている方であれば年齢に関わらずどなたでも利用可能です:
「子どもからお年寄りまで 自分の個性を発見、社会性を伸ばし、あらゆる世代の人々に 遊びと学びと発見を提供する場として再構築する。」

>
次のプログラムは、特定のリスクにお悩みの方に対するプログラムです

Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
不登校克服する(創造家族)
不登校などのリスクを克服しポジティブな学校生活を目指す小学生・中学生を持つ親子:
不登校の克服とは、単に学校に行けるようにすることではありません。不登校の背景となっている原因を見つけ、それを解決することにより、将来への希望に繋げることが必要です。不登校は短期的には大きなリスクを伴いますが、正しく不登校を克服した人は、自己肯定感を高め、ポジティブな人生を送ることが明らかになりました。
ひきこもり克服(創造世代)
ひきこもりなどの青年期・ミドルの悩みに対し自分の個性に合った進路を見つけたい方へ:
「ひきこもり」は、本人にとっても、家族にとっても非常につらい経験です。「引きこもり」になるきっかけは、なんとなく外出できないなどと軽いリスクから始めりますが、長期化するに伴い、様々な心の健康上のリスクを生じてきます。「創造世代」では、青年期・ミドルの悩みを抱える人が、自分の強みと真にやりたいことを知ることにより、創造的に人生戦略をみつけるプログラムを提供します。
うつを跳ね返す(創造企業)
「うつ」を跳ね返すため、自分の働き方を変え、職場の環境を整えたい方:
「不安定・うつ」は、「創造人生」の調査によると、若者世代で急速に増えており、人々が仕事を辞めなくてはならない最大の要因となっています。「うつ」を予防するには、もちろん、ストレスをためない職場環境を作ることが重要ですが、職員一人一人が自分が真にやりたいことが追求でき、自己実現ができる自律的な職場を創ることがより重要なことなのです。{創造企業」はその実現を後押しします。
ニートをプラスに転じる(創造世代) 
若年無業者の経験をプラスに転じ自分の個性に合った進路を探している青年からミドル(15-49歳)の方へ:
厳しい受験戦争の中で「親、教育熱心」な家庭に育った子は、大学卒の資格を取るまでは圧倒的な強みを発揮していますが、やる気や実行力が問われる就職の段階では若年無業者(「ニート」)になるリスクが大きく拡大することが分かりました。「創造世代」では、「ニート」になることを防ぎ、また、「ニート」をプラスに転じるためには、自分の強みと真にやりたいことを知り、それを最大に活かす自己肯定感・創造的な進路設定・人生戦略をとることが重要であることをエビデンスの基づき提言します。
発達障がいをプラスに転じる(のびのび親子)
仲間と遊ぶのが苦手の幼児を持つ母親・父親の方:
幼児期の親との接触が少なかったり、叱るしつけを受けたり、親が子育て不安を持っていた子が、発達障害の予兆である「仲間遊び苦手」となり、その後、様々な学齢期就労期のリスクを負うことが明らかになりました。しかし、「仲間遊び苦手」の子は、短期的には多くのリスクを経験しますが、就職段階では、「専門資格」をより多くとり、。「正規雇用」に採用されるチャンスはむしろ多くなることが分かりました。「のびのび親子」ではそのようなポジティブな可能性を引き出す育て方をご紹介します。
子育て不安をプラスに転じる(のびのび親子)
赤ちゃんや幼児の子育てに不安を感じている母親・父親の方:
9都市の「創造人生」調査の結果、幼児期の親との接触が少なかったり、親が子育て不安を持っていた子が、発達障害の予兆である「仲間遊び苦手」となり、その後、様々な学齢期就労期のリスクを負うことが明らかになりました。「のびのび親子」は、子育て不安の原因を見つけ、それを取り除くことによる親と子の人生をプラスに転じるプログラムです。
最強の転職(創造世代)
一生の選択として自分が真にやりたい職業を見つけようとしている青年からミドル(15-49歳)の方へ:
バブル期に就職した世代に比べると「ポスト・バブル世代」はよりはっきりした目的を持っている人が多くなっていますが、実際に就職した後、その目的と現実との乖離に遭遇し、入社3年以内に転職する人が多くなっています。それでは転職に成功する秘訣は何でしょう?第1歩は、自分の強みと真にやりたいことを知り、それを最大に活かす個性的かつ創造的な進路を多様な選択肢から選びとること。創造世代はAIとビッグデータにより最強の転職を支援します。
いじめを克服(創造家族)
いじめを克服しポジティブな学校生活を目指す小学生・中学生を持つ親子:
いじめ問題の真の解決は、いじめる側、いじめられる側を形式的に仲直りさせるという単純な問題ではありません。いじめを許しているのはいじめの傍観者がクラスの大多数を占めていることなのです。傍観者は「空気を読むこと」により、いじめる側を頂点とするクラス序列を作り上げます。いじめの問題に主体的に取り組むための教育を充実させ、いじめを仲裁する者を増やし、傍観者を減らし、弱いものがいじめられない力関係を作り上げることがいじめを根本的に解決する道です

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board