創造人生HOMEのびのび親子創造家族創造世代創造企業創造コモンズ創造公園健康創造
HOME 登録



Imagine Your Unlimited Potential
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方

表題の書は坂篤郎氏
Spanish, English, 日本語
OpenCity Portal
利用対象者: 若年無業者の経験をプラスに転じ自分の個性に合った進路を探している青年からミドル(15-49歳)の方へ


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London

厳しい受験戦争の中で「親、教育熱心」な家庭に育った子は、大学卒の資格を取るまでは圧倒的な強みを発揮していますが、やる気や実行力が問われる就職の段階では若年無業者(「ニート」)になるリスクが大きく拡大することが分かりました。「創造世代」では、「ニート」になることを防ぎ、また、「ニート」をプラスに転じるためには、自分の強みと真にやりたいことを知り、それを最大に活かす自己肯定感・創造的な進路設定・人生戦略をとることが重要であることをエビデンスの基づき提言します。

ニートをプラスに転じる(創造世代) (アルファー版)を無料で体験したい方
第1講 「創造世代」は若年無業者になるリスクを低減し、内発的動機付けを高めプラスに転じるプログラムです。
若者世代で若年無業者が急増している:
若年無業者(職がなく、求職活動もしていない人)が若者世代で急激に増加しています。統計上は15−34歳の無業者として定義されています。この定義によると2005年には若年無業者は約64万人、同年齢層の約1.9%を占めているとされています。

しかし、内閣府のレポートによれば、最近の若年無業者の増加は、就労を希望しているものの、現在は求職活動を休止しているという層が増えており、若年無業者にとどまる期間が長期化し、30歳代後半まで及んでいることが指摘されています。

「創造人生」のコミュニティー・カルテ調査では、「学校を出たが若年無業者就職口がない(なかった)」という質問に「はい」と答えた人を「若年無業者」として捉え、求職活動をしているかどうか、また年齢などは問わないことにしています。この定義による「若年無業者」は若者世代で、親の世代に比べ3倍も増加している都市が調査をした9都市中5都市もありました。


Sozo-Jinsei CCS Survey by Open City Institute (2011-2016)
「若年無業者」はどのくらいいるのか?
自己のアイデンティティーを持った人は、様々なリスクを低減:

, (Photo by M.Kusakabe)
「目標・計画性」を持った人は、持たない人に比べ、様々な人生上のリスクを軽減していることが分かりました。例えば、「不登校」「高校中退」などの学齢期リスクは、半数の自治体で有意に減少しています。更に「若年無業者」になる人は、5都市で有意に減少しています。

しかし、「不安定・うつ」などのこころの健康リスクは、逆に拡大している都市の方が多く、「目標・計画性」の効果には2面性があることが分かりました。

「目標・計画性」は、強み要因を増やす効果もあります。例えば、「大学卒」になる機会を各都市で3倍前後増やしています。また、「正規雇用」になる機会を増やす自助の強み要因としては「自信・信念」「信頼」を上回る大きな拡大率を示しています。

「目標・計画性」を持った人は、どのようなリスクを低減しているか?
自己のアイデンティティー確立にはどのような条件がプラスしていますか?:
「自己のアイデンティティー」は、幼児期・学齢期からの様々な要因が少しずつ関係しており、特に大きな要因はありませんが、中でも「ほめるしつけ」「親教育熱心」は「目標・計画性」を2倍近い倍率で増やしています。

逆に「目標・計画性」を低めているリスク要因には、「貧困」「少年期貧困」「居場所なし」「不安・睡眠障がい」などがあります。


, (Photo by M.Kusakabe)
何故、「目標・計画性」を持った人が少ないのか?:

, (Photo by M.Kusakabe)
最近、モラトリアム人間と称して、「自分が何を一生の仕事としたらよいかが分からない」、更には「自分が何をしたいかが分からない」ということで、定職を待たず、また、就職しても短期間で転職をする若い人が増えています。日本では厳しい受験戦争、就活競争があり、自分の能力を最大限生かした学校に行き、能力・資格・経験だけを見て就職・再就職を決める人が圧倒的に多いのが現状です。

しかし、自己決定理論という内発的動機づけを重視した心理学を創始したEdward DeciとRichard Ryanは、就職は自分の興味や真にやりたいことに基づいて決めることが、結局成功につながるとして、従来からの能力中心の進路決定の傾向に警報を鳴らしました。また、Deciなどの自己決定理論を開発した心理学者は、報酬やノルマなどによる人事政策は、内発的な動機づけを損なうことを多くの実証研究により明らかにし、内発的動機づけが創造性を必要とする仕事を最も効率的に成功に導くことを検証しています。

我が国では、特に教育課程の中で、興味や好奇心、探究心を育てる仕組みが軽視されており、能力偏重の教育が行われています。これが、我が国の「目標・計画性」を持った若者や内発的動機付けを持った若者の少なさの大きな理由ではないでしょうか?

「創造世代」は内発的動機付けを持った進路選択を行うツールです:
「創造世代」のプログラムでは、自分の生活史を振り返り、リスクと強みを再発見する「創造人生」の基本プログラムに加え、自分の職業興味を6つの類型から診断する職業興味テスト、これまでの自分の経験から、どのような類型の仕事に居心地の良さや没入感を感じたかを測るキャリア・アンカー・テストなどを用い、自分の内発的動機付けがどこにあるかを知り、それに合った職業を見つけ出すプログラムを提供します。

現在多くの貴重な創造的な技術を持った中小企業や、伝統を受け継ぐ自営業が、後継者不足で事業の継続が危うくなっています。一方で、多くの学卒者が、情報不足で、自分が真にやりたい職場がどこにあるかが分からずに、若年無業者や非正規雇用になり、自分の持てる力を発揮できていません。このツールを使い、多くの人が、自己の無限のポテンシャルを生かした仕事鬼つけるようになることを期待します。


, (Photo by M.Kusakabe)

ニートをプラスに転じる(創造世代) は、次のような特色があります。以下のページをご参照ください

Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London