創造人生HOMEのびのび親子創造家族創造世代創造企業創造コモンズ創造公園健康創造
創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語

「創造人生」とは何か?:

(株)オープン・シティー研究所紹介:

「まちの起業塾」:あなたが支援したい50の優良社会企業:

題字 坂 篤郎氏 書
人生を川に喩えると、それぞれの年齢・局面に応じた急流やそれに伴うリスク(下表で赤で表記)があります。 一方、岸辺に咲く桜のように、リスクを予防し、克服する「強み要因」(緑色)もあります。

その中でも、将来の人生のリスクの克服に特に重要な効果があるとされているものは、自己の価値観に基づく強み要因で、生涯発達心理学では、Virtue(徳)と呼ばれ、青色で示しています。

「創造人生」はこれらのリスク・強み要因の内、人々の人生を大きく左右する70の要因をとり、それら相互の連鎖の強さを測定し、個々の人の生活史に応じ、最適な人生戦略を提案します。

「創造人生」は格差と分断の長い歴史を持つ英国の2大都市と、日本の9都市において合計約9000人の人に対し、高齢世代から若者世代まで4世代にわたる生活史調査を行いました。

その目的は、英国で伝統的にとられた、福祉社会を目指した政策、それに次ぐサッチャー政権による新自由主義、それらの反省に立った「社会的包摂」政策などから、今後、日本も向かうと思われる格差社会化に対する意味合いを探ることにありました

その結果、明らかになったのは、日本のほとんどの調査対象都市で、幼児期の「叱るしつけ」「父・母との接触少」などの家庭要因が社会性発達の遅れの指標である「仲間遊び苦手」、学齢期のリスクである「いじめ」「不登校」「授業理解困難」などが急速に拡大しており、それらが心や身体の健康、就労期のリスクを通じて大人になってからの「貧困」の格差を拡大し、高齢期の「要介護」に大きな影響を与えていることが分かりました。更には、親が抱えるリスクが次世代の子どもの「不登校」などにも密接につながっていくというリスク連鎖も明らかになりました。

しかし、同時に、下図で緑で表示した強み要因の効果も大きく、その中でも青色で示したVirtue、幼児期の「愛着の形成」学齢期の「自信・信念」青年期の「目標・計画性」などが将来のリスクの連鎖を押さえるために大きな役割を持っていることでした。

しかもこれらの強み要因は、現代の科学的なエビデンスに従って適正な教育と自己訓練で育てることが可能なのです。

人生の各段階のリスク要因(赤で表示)と、リスクを克服するための武器となる強み要因(緑で表示):

幼児期: しかるしつけ, 父接触少, 母接触少, 仲間遊び苦手, 子育て不安, 少年期貧困, 保育所不足, 愛着の形成,

学齢期: 授業理解困難, , 不登校, いじめられた, いじめた, , 親教育熱心, 近隣に見習う, 良い教師, 自信・信念,

青年期: 高校中退, 若年無業者, 専門資格, 大学卒, 目標・計画性,

家族関係: 失業, 非正規雇用, , 正規雇用,

暮らしのリスク: 貧困, 債務返済困難, 家賃等支払い困難, 住居喪失, 持ち家あり, 公的年金加入, 健康保険加入,

健康: 病気, 障がい, 健康管理,

心の健康: 不安定・うつ, 不安・睡眠障害, 引きこもりがち, 人生無意味,

家族の絆: 虐待, 働きながら介護, 介護に専念, 結婚, 家族の支援,

子育てに関する悩み: 一人親子育て, 子ども仲間遊び苦手, 子ども授業理解困難, 子ども不登校, 子ども雇用不安定, 第1子出生, 第2子以降出生,

中高年期: 生活習慣病, 要介護, 高齢者住宅, 介護予防, 介護保険施設, 地域密着型介護施設, 高齢者社会参加,

地域の絆: 居場所なし, 生活習慣病, 友人ネットワーク, 親類・隣人等の支援, 近隣援け合い, ボランティア, 信頼, ,

「創造人生」とは何か?:

(株)オープン・シティー研究所紹介:

社会企業ファイナンス:

「まちの起業塾」:あなたが支援したい50の優良社会企業:

CCSダッシュボード

ホーム

暮らしの実態調査とは?(CCS Survey)

The Topic of the Week:
うつから立ち直る創造教育:
(contributed by )
オープン・シティー研究:出版物案内:

『9都市のエビデンスで見る若者世代のリスク急増の要因と対策』:

平成25-27年厚生労働省社会福祉推進事業報告書:

オープン・シティー研究所出版:

本書は、日本における貧困や格差が何故近年急速に拡大したかの要因を探るため、大都市・地方都市など9つの都市、計7600人の生活史を調査し、社会的排除アプローチに基づき、幼児期・学齢期などの発達期リスク、65要因が、就労期や心の健康リスクにどのように連鎖しているのかを社会疫学という手法を用いて、初めて明らかにしたものである。例えば、幼児期の「仲間遊び苦手」学齢期の「授業理解困難」子育て期の「子育て不安」などが相互に結びつき貧困へとつながる過程を明らかにしている。福祉政策をエビデンスに基づき考えたい人には必見の書。『人口減少と社会保障』の著者、山崎史郎氏も本書を推薦。:

定価(税込): 4,800円 購入する

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board