23, 2 : Imagine your Unlimited Potential,
Home創造人生のびのび親子創造家族創造世代創造企業創造自治体創造公園


Imagine Your Unlimited Potential
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方

表題の書は坂篤郎氏
Spanish, English, 日本語
OpenCity Portal Sozo23
生涯発達心理学から見た幼児期の目標
生涯発達心理学とは?:
人間の発達は、子ども時代や青年期だけの問題ではなく、その後の壮年期から高齢期まで続く課題であることも広く認識されるようになりました。このような生涯に亘る発達を研究したデンマーク人のErik Eriksonという心理学者は、人生を8つの時期に分け、それぞれの時期に発達課題があり、その課題を達成すると強み(Virtue=「徳」)が得られ、将来のリスクを軽減できるという理論を唱えました。

「のびのび親子」は生涯発達心理学の枠組みを使い、幼児期の発達について分析し、そこから出てくるアドバイスを分かり易い形で、お母さん方にお伝えします。


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
幼児期の発達課題は?:

Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
それでは、幼児期の発達課題とは何でしょうか?

生涯発達心理学の創始者であるErik Eriksonは、幼児期の重要な発達課題は、最も身近な養育者(特に母親)との特別な信頼関係、つまり「愛着」関係を創ることであるとしました。その後、愛着(Attachment)については英国ケンブリッジ大学を出た発達心理学者のJohn Bowlbyによって、「子どもが不安や恐れを抱いたときに安心して戻れる場を提供してくれる特別な養育者との信頼関係」と定義し、子どもが外界を探査する上で欠かせない安全基地となるとの位置づけを行いました。

「愛着」関係が形成されることは、幼児の外界から知識吸収と、それを自分の頭の中で整理して認識するうえで、非常に重要な役割を果たしており、これは幼児期の最も重要な発達課題であることが分かっています。

「のびのび親子」では「困ったときにいつでも家族からの支援が受けられる」という質問により、学齢期に入るまでに「愛着」が形成されたかどうかを調べています。

幼児の愛着関係が生涯の愛着スタイルを決める:
カナダの発達心理学者のMary Einsworthは、愛着にどのようなタイプがあるかを調べるため、親子が一緒の部屋で過ごした後、親が子供を残して部屋を退出し、しばらくして部屋に戻り、子どもと再会するという状況を作り、それを心理学者や臨床医が観察し、子どもが、それぞれの場面でどのような反応を示すかについて研究する方法(Strange Situation Procesure:SSP)を開発しました。このような観察法が開発されたことにより、多数の心理学者が一定の方法で幼児の愛着行動について観察を行った結果、愛着のタイプに次のような3つのタイプがあることが分かりました。

A. 愛着関係を忌避する回避型、
B. 安定的な愛着関係で出来る安定型、
C. 継続的な愛着関係を保つのが難しいアンビバレンス型

また、幼児期に安定的な愛着関係が持てた人は、生涯にわたって、安定的な社会関係を保つことが多いということが分かりました。


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
幼児期は発達障がいリスクも高い:

Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
愛着障がいの他、幼児期には広汎性自閉症スペクトラムなどの発達障がいも年々リスクが拡大しています。この原因には遺伝的要因、脳機能障がい、幼児期の家庭環境など数千のリスク要因が関係していることは分かってきていますが、未だ発祥のメカニズムは、完全には分かっていません。

また、障がい自体が、定型発達児と連続的に境界がない症候群(スペクトラム)として定義されており、また発達障害の3つの診断名である「広汎性自閉症スペクトラム」「注意欠陥・多動性障がい(ADHD)』「学習障害」の症状が、時期によって相互に移り変わることが多く、原因の特定を困難にしています。

これまでの「創造人生」の調査結果では、本人が抱える環境的なリスク要因より、親が抱えてきた精神的ストレスなどのリスク要因の方が大きな影響を与えていることが明らかになっています。

「のびのび親子」は親子の愛着の形成を支援する:
このように、赤ちゃんが幼児期に多いリスクを乗り越え、本来持っている個性的な育ちをするためには、親子の間の擦れ合いによる特別な信頼関係を築くことが、最も大きな発達課題となっていることは、間違いありません。「のびのび親子」は、お子様の個性的な発達の状況に合せた適切なアドバイスにより、このような目標が達せ出来るようお手伝いをするプログラムです。
Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London

のびのび親子は、次のような特色があります。以下のページをご参照ください
「のびのび親子」は、何を提供できるか?

のびのび親子はエビデンスに基づく子育てを手伝う

「のびのび親子」利用の仕方

生涯発達心理学から見た幼児期の目標

「創造人生」は日本・英国でビッグデータを収集:


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
>
「創造人生」のシリーズには人生局面に応じた7つのプログラムがあります。あなたの年代や目的に合わせてお選びください

Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
創造人生(自分のリスクと強みを自己診断する基本ソフトです。すべてのアプリ利用者が無料で参加できます): 「創造人生」は、あなたがこれまで克服してきたリスクとそれによって得られた強み(Virtue)を評価し、ビッグデータ解析によるエビデンスに基づき、あなたの将来の人生戦略を提案しするプログラムです。

のびのび親子(0歳から5歳の赤ちゃんや幼児を育てている母親・父親の方): 子どもの社会性の発達を促進し、子どもが本来持っている多様な創造的・個性的な人生を支援する

創造家族(ポジティブな学校生活を目指す小学生・中学生を持つ親子): 家族と一緒に「自分が真にやりたいこと」を見つけ、それに向けた成功体験を積み重ねることにより、小・中学生のころから個性的・創造的で多様な職業生活への夢を育てるためのプログラムです。

創造世代(自分の個性に合った進路を探している15-49歳の方へ): 先ず自分の強みと真にやりたいことを知り、それを最大に活かす個性的かつ多様な進路・人生戦略を最新のAI技術とエビデンスを使い支援

創造企業(職場の環境を整えやりがいのあるチームを創りたい方): 職員一人一人の適性・それを活かす職場環境・働き方・チームワークなどを最適化し、最も創造性とやる気を引き出す職場つくりを支援

創造自治体(自治体職員やまちづくり・福祉に携わる団体の方): 「創造自治体」は、人々の福祉・子育てニーズ、地域の強みとリスクを知ることにより、最新のエビデンスとAI技術に基づき包摂的社会を創り上げるプログラムです。

創造公園(自分の人生を設計しようとしている方であれば年齢に関わらずどなたでも利用可能です): 「子どもからお年寄りまで 自分の個性を発見、社会性を伸ばし、 遊びを通して学ぶ」

>
次のプログラムは、特定のリスクにお悩みの方に対するプログラムです

Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London
いじめを克服(創造家族)(いじめを克服しポジティブな学校生活を目指す小学生・中学生を持つ親子): いじめ問題を、いじめる側、いじめられる側、いじめを傍観する側、仲裁する側の4者のこころの要因を探り、総合的に解決するプログラム

不登校克服する(創造家族)(不登校などのリスクを克服しポジティブな学校生活を目指す小学生・中学生を持つ親子): 不登校の背景となる要因を見つけ 自己肯定感を養うことによりポジティブな学校生活を送る知恵を得る。

ひきこもり克服(創造世代)(ひきこもりなどの青年期・ミドルの悩みに対し自分の個性に合った進路を見つけたい方へ): 「ひきこもり」などの青年期・ミドルの悩みを抱える人が、自分の強みと真にやりたいことを知ることにより、創造的に人生戦略をみつけるプログラム

うつを跳ね返す(創造企業)(「うつ」を跳ね返すため、自分の働き方を変え、職場の環境を整えたい方): 職員一人一人が自分が真にやりたいことが追求でき、創造性を発揮できる職場を創ることにより職場から「うつ」を追放するプログラム

ニートをプラスに転じる(創造世代) (若年無業者の経験をプラスに転じ自分の個性に合った進路を探している青年からミドル(15-49歳)の方へ): 「ニート」をプラスに転じるため、自分の強みと真にやりたいことを知り、それを最大に活かす個性的・創造的な進路・人生戦略をエビデンスに基づき提案:

発達障がいをプラスに転じる(のびのび親子)(仲間と遊ぶのが苦手の幼児を持つ母親・父親の方): 子どもの社会性の発達を促進し、子どもが本来持っている多様な創造的・個性的な人生を支援する

子育て不安をプラスに転じる(のびのび親子)(赤ちゃんや幼児の子育てに不安を感じている母親・父親の方): 子育て不安の原因を見つけ、それを取り除くことによる人生をプラスに転じる

最強の転職(創造世代)(一生の選択として自分が真にやりたい職業を見つけようとしている青年からミドル(15-49歳)の方へ): 転職の第1歩は、自分の強みと真にやりたいことを知り、それを最大に活かす個性的かつ創造的な進路を多様な選択肢から選びとること。創造世代はAIとビッグデータにより支援

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board