創造人生HOMEのびのび親子創造家族創造世代創造企業創造コモンズ創造公園健康創造
のびのび親子 登録 1.社会性発達 2.親の養育スタイル 3.移動運動 4.手の運動 5.親からの支援 6.育児上困ったこと 7.基本的習慣 8.対人関係 9.親子の対話 10.言葉の発達

OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語

幼児期の社会性の形成が子どもの一生を決める

あなたは今ログアウトしています。回答を続けるには右上のフォームからログインしてください
Q-27 親の養育スタイル.
本プログラムでは親の養育態度を10のスタイルに分け、それぞれがどのように子どもの発達に影響を与えているかを測定します。当てはまるものがあれば、複数選んでも構いません。また、そのような養育態度になったおおよその時期をお書きください

Q27-1. 子どもの気持ちを理解するため、たびたび話しかける 受容型
Illustrator: Kilkenny

Q27-2. 自分のことは我慢しても子どものために何かしてやることが良くある 子供中心型
Illustrator: Kilkenny

Q27-3. 私がついていないと、子どもは自分のことをちゃんと出来ないのではないかと心配である 過保護型
Illustrator: Kilkenny

Q27-4. 子どもが私を困らせることをするので、カーッとなることが多い 対立型
Illustrator: Kilkenny

Q27-5. 子どもが守るべき決まりなどを明確に言い聞かせている 指導型
Illustrator: Kilkenny

Q27-6. 何事につけ、子どもにどんなふうにしたらよいかを、細かく指示することが多い 統制型
Illustrator: Kilkenny

Q27-7. 子どもが同じことをしても、時によって叱ったり、ほうっておいたりしてしまうことがある 一貫欠如型
Illustrator: Kilkenny

Q27-8. 子どもが言うことを聴かず頑張ってしまうときは、子どもの考え通りにしてしまうことが多い 遠慮型
Illustrator: Kilkenny

Q27-9. 忙しいため子どもといろんなことを一緒にすることはあまり出来ない 接触少型
Illustrator: Kilkenny

Q27-10. 子どもが望むむことを聴き、なるべく自由にさせるている 放任型
Illustrator: Kilkenny