創造人生HOMEのびのび親子創造家族創造世代創造企業創造コモンズ創造公園健康創造
創造公園 登録



Imagine Your Unlimited Potential
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方

表題の書は坂篤郎氏
Spanish, English, 日本語
OpenCity Portal
利用対象者: 自分の人生を設計しようとしている方であれば年齢に関わらずどなたでも利用可能です


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London

「子どもからお年寄りまで 自分の個性を発見、社会性を伸ばし、あらゆる世代の人々に 遊びと学びと発見を提供する場として再構築する。」

創造公園(アルファー版)を無料で体験したい方
第1講 従来の近隣公園が、 「創造人生」に 出会うと、どのように変貌するか?
あなたの周りにある公園は十分活用されていますか?:
これまで近隣公園は、ブランコ・滑り台など親子の遊び場として作られてきました。しかし、そこで遊ぶ子どもの数は年々少なくなっています。大人や、お年寄りにとっても公園が魅力のある居場所にはなっていません。十分に活用されていない地域の公園や空き地が全国に無数あります。
明治神宮, 4月 (Photo by M.Kusakabe)
公園が「第三の場」として地域の人たちのために提供できるサービスは、非常に大きな可能性を秘めています。:

明治神宮, 4月 (Photo by M.Kusakabe)
幼児、学齢期の子供、青年、壮年からお年寄りまで、職場・学校・家以外の場で自分の個性や才能をのびのびと発揮し、楽しく過ごす場があることが人生の充実、自己ポテンシャルの最大化にとって必要です。 国連の公園イニシアティブでもインクルーシブなまちづくりにおける地域の公園やコミュニティの役割が近年、注目を浴びています。
公園ではどのようなことが出来るでしょうか?:
1) 戸外の緑陰で親子が触れ合いながら共感を育てるプログラム 2) 子ども同士が自由な遊びやスポーツを通じ、自分の個性や役割を発見し、自信を持ち、自己肯定感を持つこと 3) 子供や若者はお年寄りや年上の人達の人生経験の知恵を役立て、お年寄りや大人は子供から刺激を受け、世代間のコミュニケーションを楽しむこと 4) 多様なアクティビティーに関わり、活動範囲を広げ、自分の才能を発見すること 5) 自分の悩み・課題を解決する情報や手段にアクセスがあること
Sozo-Jinsei CCS Survey by Open City Institute (2011-2016)
このようなことを実現するには、具体的にはどのようなことをしていったらよいでしょうか?:

明治神宮, 4月 (Photo by M.Kusakabe)
1.先ず、幼児・子どもを持つ親子が、子どもが真に喜ぶ遊び・触れ合いがどうやったらできるかを考え提案します。

2、付近の住民も、その実現のために応援をします。

3.自治体が、そのような提案を、先例が無くても積極的に認め支援します。

4.住民からなるNPOが 実施のために組織づくりをします。

5.プログラムの企画や進行を助ける、広域的な「創造公園」マネジメント企業がビジネスとしてサポートします。

創造公園は、次のような特色があります。以下のページをご参照ください
第1講 従来の近隣公園が、 「創造人生」に 出会うと、どのように変貌するか?

第2講 創造公園プログラムのは5つのシリーズにより構成されます。


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London