SozoID: Sozo15 : Imagine your Unlimited Potential,
創造人生HOMEのびのび親子創造家族創造世代創造企業創造コモンズ創造公園健康創造
HOME 登録



Imagine Your Unlimited Potential
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方

表題の書は坂篤郎氏
Spanish, English, 日本語
OpenCity Portal
1.「のびのび親子」版(0-5歳):
0−5歳はお子様がご両親をはじめとして周囲とのコミュニケーションを通じて、情操や社会性を育てる重要な時期です。「のびのび親子」は出生からの月数に応じて、「微笑み」「一緒に視線を向ける」「指をさす」「真似をする」など、赤ちゃんが発する様々なコミュニケーションをどのように受取り、そのように反応するかをお母さんと一緒に考えていくスマホ・ベースのノートです。お子様の発達の様子をお母様が記録するとともに、親子の共感を育てるふれあいの仕方を学んでいき、お子様が幸せな社会関係を築いていくための記録ノートです(1年ごとにお子様の発育を記録した写真つきアルバムを提供)
, (Photo by M.Kusakabe)
「のびのび親子」は0-5歳の社会性発達をどのように支援するのか?
2.「創造家族」版(小中学生のお子様を持つご家族)::

, (Photo by M.Kusakabe)
小中学生の頃は、「授業への理解困難」「不登校」「いじめ」「高校中退」などのリスクが多い時期でもあります。また、この時期は「勤勉・努力」「自信・信念」などの自助の強み要因をつける時期でもあります。

しかし、CCS調査の結果を見ると、これらの課題は、親子の考え方の「すれ違い」により達成することが難しいケースが多数あることが分かりました。

このためには親子がポジティブな共同作業で、お子様の進路についての共通認識の醸成することが出発点になります。子どもの適性や「何に喜びを感じるか」を認識し、創造的な個性を伸ばすことが重要です。その上でその達成のために、自己肯定感を養い、小さな成功体験を積み重ねていくことが必要です。「創造家族」は、それを具体的に実現するプログラムです。

「創造家族」は小中学生の抱えるリスクをどのように解決するのか?
3.「創造世代」青・壮年進路選択版(15-50歳)::
青年期の進路の選択は、最近ますます画一的な大企業志向になり、その結果、働きたくても働けない若年無業者が増えたり、就職をして1−3年で退職する若者が増加しています。このような転職志向の状況は就職して10年以上を経過した壮年層でも同様です。

その基本的な原因は、自分が真にやりたいこと(「内発的動機付け」)が不明確 のまま、外から定められた路線にしたがって自分の進路を「なんとなく」決めている人が多いこと、および、多様な進路についての情報があまり伝えられていない点にあります。

「創造世代」は青・壮年自身が自己の適性と「やりたいこと」を自己診断し、それに合った職業や生き方を多様な選択肢を映像やストーリーを通じで体験しながら学んでいくプログラムです。そのための必要な教育・資格・適性・努力・ネットワークの創り方などの人生設計を実現可能性もエビデンスを踏まえたチェックをしながら、画一的な将来志向から脱し、多様で創造的な自己のアイデンティティーと仕事をみつけるためのプログラムです。


, (Photo by M.Kusakabe)
「創造世代」は青・壮年進路選択でなぜ自己の動機づけを重視するのか?
4.「創造企業」企業・職場チームの創造性とやりがいの向上:

, (Photo by M.Kusakabe)
今後10年の、企業の生き残りはグローバルな観点からの創造性が発揮される職場環境を創れるかどうかにかかっています。これ実現するためには、単にストレス・チェックによるメンタルヘルスへの対応だけでは解決できません。多様な働き方に対応し、職員全員が職場の目標、計画・成果を把握できる自律的な職場環境を創り、真の成果主義の導入を実現することが不可欠です。

「創造企業」は企業や職場単位で調査に参加し、職場のストレスをチェックし、それ以外の職場環境、職員の決定への参加などの自律性が確保されているか、創造的な成果がどの程度達成されたか等を多面的に測定、それから得られるエビデンスに基づき、職員の働き甲斐と職場のチームワークを育てていくプログラムです。

.「創造企業」はどのようなプロセスで職場の創造性を最大化するのか?
5.「創造コモンズ」:地域に必要なサービスを地域の互助(コモンズ)により育てる:
CCS調査の結果によると、今後、少子高齢化に伴い、などの若者世代の「発達期リスク」急増への早急な対応が求められています。このような膨らむ福祉予算を効率的に必要な政策に回すためには、エビデンスに基づく、原因に遡った早期の 予防的対応を行っていくことが求められています

「創造自治体」は自治体の主要な政策課題をカバーする70のリスク・強み要因んについて、その現状、原因、リスク削減効果、将来への波及、政策効果の5つを提供する最新の情報システムです。


, (Photo by M.Kusakabe)
.「創造コモンズ」は自治体の政策をどのようにサポートするのか?

創造人生は、次のような特色があります。以下のページをご参照ください
第1講 「創造人生」は、先ず、あなたが持っているリスクと強みをデータ・サイエンスにより正確に分析します

第2講 「創造人生」が生まれるまで

第3講 9都市の調査で分かったこと: 

第4講 「創造人生」は強み要因もカバーします

第5講 「創造人生」が他の自己診断システムと違う点

第6講 「創造人生」は年齢により、対象分野により6つのプログラムが利用可能です。

第7講 「創造人生」は、先ず、あなたが持っているリスクと強みをデータ・サイエンスにより正確に分析します

第8講 「創造人生」の理論的なフレームワークや特徴につき、より手軽に理解していただくには、次の三つのステップをお勧めします。これだけでもあなたの人生戦略は変わるかもしれません。

第9講 リスクと強みの連鎖関係の分析には、様々なリスクを持った人を取り残さず調査対象に取り入れることが必要です


Photo by M.Kusakabe, Hampstead Heath,London